10年ぶりに交番新設 川東地区で2日から運用

社会

掲載号:2016年1月30日号

  • LINE
  • hatena
マロニエに完成した交番
マロニエに完成した交番

 川東地区に建設中だった交番が完成した。周辺住民にとって十年来の悲願となる新交番は、2月2日(火)から運用をスタートする。

 川東タウンセンターマロニエの一角に完成した「鴨宮川東交番」(中里296の9)は、敷地面積115平方メートル、鉄骨2階建て。市内で交番が新設されるのは、2006年の三の丸交番以来、10年ぶりとなる。

 同地区は、小田原シティーモールやダイナシティなど大型ショッピングモールの進出による人口と交通量の増加に伴い、盗難被害や交通事故に関する通報が増えていた。

 治安維持のため、04年から市街地に交番の新設を希望する声が地域住民からあがっていた。08年には、下府中と国府津の自治会連合会が中心となって「川東南部地区大型交番設置推進協議会」を発足。交番設置に向けて協議を重ねてきた。

 これまでの10年以上に渡る住民の思いが実を結び、昨年3月、県で新設のための予算が計上されこのたびの運用開始となった。

 なお交番新設に伴い、鴨宮駅前交番(北口)は警察官が立ち寄り、駐留する「連絡所」となる。

警察官が24時間常駐

 新交番は、3交代制で24時間警察官が常駐。パトカーの駐車スペースも2台分確保されており、緊急時にすぐに出動できる。

 また室内には、女性警察官も24時間勤務できる男女別の仮眠スペースが設けられている。小田原警察署の山口政則地域担当次長は「地域の方の十年来の思いが形になった。地域の安心安全の実現に向けて尽力したい」と話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

相洋卒業生が出場

東京2020オリンピック

相洋卒業生が出場 スポーツ

松枝さん、石川さんが陸上で

7月24日号

マンホールにガンダム登場

小田原市

マンホールにガンダム登場 社会

独自図案で2カ所に設置

7月24日号

資料手掛かりに庭園復元

小田原市松永記念館

資料手掛かりに庭園復元 文化

工事終え再開園

7月17日号

謎めく壁画、構想図発見

小田原市民会館大ホール

謎めく壁画、構想図発見 文化

有志調査隊が報告

7月17日号

ミナカに交流ラボ開設

小田原市

ミナカに交流ラボ開設 経済

公民で産業振興促進

7月10日号

『しらすどん』発刊

絵本作家最勝寺さん

『しらすどん』発刊 教育

物語で伝える食品ロス

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 7月24日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter