平成の大改修 小田原城天守閣 リニューアルオープンまであと64日

文化

掲載号:2016年2月27日号

  • LINE
  • hatena
「城での仕事なんて一生に一度あるかないか。やりたくても、誰もが出来ることではないです」。敷居の無目を取り付け中の渡邊さん=2月24日・小田原城天守閣4階
「城での仕事なんて一生に一度あるかないか。やりたくても、誰もが出来ることではないです」。敷居の無目を取り付け中の渡邊さん=2月24日・小田原城天守閣4階

 木の香に満ちた厳かな空間に変わりつつある天守閣4階で黙々と作業をする、大工の渡邊大蔵(だいぞう)さん(47)。

 山梨生まれの小田原育ち。千代小・中、吉田島農林高校(現・吉田島総合高)の普通科を卒業。専門学校で電子工学を学び、先に修業をしていた兄の後を追うように、20歳で大工の門を叩く。町場の大工とは手がける仕事が異なる宮大工に、長く憧れを抱いていた。

 2年前、市内に残る歴史的建造物の保全や活用に必要な修復技術と人材育成を目的とした、小田原職人学校講座への参加を決めたのも、宮大工一本で生きている職人に「会って話を聞いてみたかった」から。

 今回の摩利支天像空間再現事業には、使う材はもちろん、それを提供する山主、製材まで”地元”があふれている。それぞれがその道のプロであり、林業にも、今回の事業にもひとかたならぬ想いを持つ。材はなにかあると替えがきかない。プレッシャーはひしひしと感じるが「携わった人たちの気持ちに応えたい」、その一心。

 16歳で手に入れたヤマハのバイクにまたがりサーキットを疾走していたが19歳で離れる。今は「ハーレーに乗ってみたいなあ」とにっこり。自宅で楽しむフランス産のワインと、「確たる理由がなくて説明しづらいのだけれど」法隆寺が好き。口数は多くないが、にじみ出る笑顔と、ぽつりぽつりと繰り出す話が後を引く。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

天守閣に冬の灯火

天守閣に冬の灯火 文化

児童らのちょうちん展示

12月4日号

2年ぶりのコンサート

小田原少年少女合唱隊

2年ぶりのコンサート 文化

クリスマスの曲を披露

12月4日号

人命救助に感謝状

小田原市消防本部

人命救助に感謝状 社会

12月4日号

ジオラマの街で「出発進行」

ヒルトン小田原

ジオラマの街で「出発進行」 文化

クリスマス・トレイン

12月4日号

プロが感じる県西の魅力

プロが感じる県西の魅力 社会

11日(土)にシンポジウム

12月4日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook