片浦の空き家に熱視線 物件内覧ツアーも開催

文化

掲載号:2016年3月5日号

  • LINE
  • hatena
ツアーで物件を巡った
ツアーで物件を巡った

 海、山と自然に囲まれた片浦地域への移住が、目立つようになってきた。人口減少、耕作放棄地拡大、後継者不足などの課題に直面する中、独自の動きによって人が集まってきている。

 眼前に相模湾が広がる根府川駅。2月29日午前11時30分、市内外の単身者や家族連れなど17人の姿があった。「片浦地区空き家バンクツアー」の参加者たちだ。根府川、江之浦、米神、石橋の片浦地域に興味を持つ人々が、1日かけて空き家を巡った。

 二宮町から訪れた50代女性は、「太陽の力や海の濃さなど自然の健康度が高い。移住も考えている」といい、居住者のいない一軒家を吟味した。平塚の40代女性は娘と参加。「今より利便性は下がるが、眺望はそれ以上に魅力。いるだけで癒されそう」と頬を緩めた。

 ツアーは、不動産会社を通じた一般的な家探しと異なり、街の雰囲気を体感してもらうことも狙い。昼食は地元のしいたけ料理を堪能。診療所や行政機関といった生活拠点、パワースポットも行程に組み込んだ。不動産業に携わり、今回の案内役を務めた瀬戸ひふ美さん(32)は「家を紹介するのではなく、街を紹介する。地元の人や場所にふれて街を好きになってもらい、その先に家がある」。自身も片浦の街並に惹かれ、小田原市街から根府川へこの春引っ越す。

昨年から16組内覧4組が成約し移住

 全国で顕在化する空き家問題に対し、片浦では独自の取り組みを進めている。地元住民らを中心に「片浦地区まちづくり委員会」が2年前に発足。会で掲げた3本の柱のうちの1つが”空き家バンク事業”だ。空き家情報を集約し、借り手と貸し手を結びつけていく。

 昨年は11組、今年はすでに5組が物件を内覧。うち4組が成約に至った。東京に15年住んだ小林ひさえさんは、田舎暮らしを望んで昨年4月に江之浦の戸建てに移住。以前のマンションに比べて家賃は3分の1、広さは4倍以上、庭まで手に入れた。新宿への電車通勤は遠くなり、最寄りの根府川駅まで徒歩35分を要するが、「見渡す景色が本当にきれいなんです」と苦にならない様子。むしろ、1年前から『みちる』として始めた歌手活動において、歩いているときに歌詞やメロディーが浮かび、曲作りがはかどるという。

 片浦では、家だけでなく「空き畑」の活用も見られる。東京で知的障害者を支援するNPOこげら会は、空き家を借りて新拠点を設置。さらに、米神の農家のみかん狩りや山の整備を手伝う。同会職員の松崎恵美さんは、「のどかな小田原で農業活動の幅を広げていきたい」と先を見据える。市内でも独特の雰囲気を持つ片浦が、じわりじわりと変わりつつある。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

今夏の遊泳は控えて

県西地区海水浴場

今夏の遊泳は控えて 文化

チラシ等掲示で呼びかけ

7月11日号

活用でまちを元気に

チンチン電車保存会

活用でまちを元気に 社会

守屋市長に協力打診

7月11日号

「総構」で疫病防げ

「総構」で疫病防げ 文化

小田原城が感染防止対策

7月11日号

期間短縮で開場

御幸の浜プール

期間短縮で開場 スポーツ

8月1日から23日まで

7月11日号

市民委員を募集

男女共同参画

市民委員を募集 社会

7月11日号

50周年会長に草山氏

50周年会長に草山氏 社会

ソロプチミスト小田原 新役員

7月11日号

原点を忘れず、志を高く

マツダを支えてくださったすべての方々に、100周年特別記念車を。

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク