60年振り無投票の公算大 市長選告示まで1カ月

政治

掲載号:2016年4月9日号

  • LINE
  • hatena

 5月8日(日)の小田原市長選告示までおよそ1カ月に迫ってきた。現時点で立候補を表明しているのは、現職の加藤憲一氏(51・2期目)のみ。芸術文化創造センターの行方や南足柄市との合併など大きな争点を抱えるが、対立候補に目立った動きはなく、無投票の公算が高くなってきた。

=4月6日起稿

 3月10日の事前説明会には加藤氏陣営の他にも一陣営が参加しているが、立候補は、かなり微妙なところ。

 4年前の選挙では、当時現職の市議2人が立候補。前回立候補した元市議は再度の立候補を否定。昨年の選挙で市議に返り咲いたもう一人は、自らが加盟するスポーツ団体の一員として加藤氏と接見した際、目の前で立候補しないことを明言しており、こちらも可能性は低い。

 5月8日の告示受付締め切りまでに、現職以外に立候補者がいなければ、選挙は行われず、その時点で当選が確定する。小田原市長選が無投票となったのは過去に1度しかなく(1957年・鈴木十郎氏)、今回無投票となれば、およそ60年ぶり2度目となる。

 加藤氏は2月6日、自身の後援会から3選要請に応える形で立候補を表明。4月中にもマニフェストを公表するとしている。

 なお今回の市長選は、昨年6月に成立した選挙権年齢の「18歳以上」への引き下げは施行日前のため(6月19日施行)該当しない。

 また現職の市議が立候補する場合、告示日の10日前(今回の場合は4月27日)までに議員辞職した場合のみ、補欠選挙が行われる。

 最新の選挙人名簿登録者数は3月2日現在で16万384人(男・7万7952人、女・8万2432人)。

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

修学旅行代替行事始まる

小田原市小学校

修学旅行代替行事始まる 教育

第3波による再検討も

11月21日号

「フェアプレー」で初勝利

サッカーチームボアソルチ

「フェアプレー」で初勝利 スポーツ

特別支援級の生徒が所属

11月21日号

来年3月に営業休止

オービックビル

来年3月に営業休止 経済

14階建てマンションを計画

11月14日号

GoToで活気戻る

箱根観光

GoToで活気戻る 経済

宿泊施設も回復傾向に

11月14日号

今年はドライブスルーで

今年はドライブスルーで 経済

「街なか小田原おでん」

11月7日号

ナラ枯れ被害が拡大

1市3町

ナラ枯れ被害が拡大 社会

県が情報提供を呼び掛け

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク