60年振り無投票の公算大 市長選告示まで1カ月

政治

掲載号:2016年4月9日号

  • LINE
  • hatena

 5月8日(日)の小田原市長選告示までおよそ1カ月に迫ってきた。現時点で立候補を表明しているのは、現職の加藤憲一氏(51・2期目)のみ。芸術文化創造センターの行方や南足柄市との合併など大きな争点を抱えるが、対立候補に目立った動きはなく、無投票の公算が高くなってきた。

=4月6日起稿

 3月10日の事前説明会には加藤氏陣営の他にも一陣営が参加しているが、立候補は、かなり微妙なところ。

 4年前の選挙では、当時現職の市議2人が立候補。前回立候補した元市議は再度の立候補を否定。昨年の選挙で市議に返り咲いたもう一人は、自らが加盟するスポーツ団体の一員として加藤氏と接見した際、目の前で立候補しないことを明言しており、こちらも可能性は低い。

 5月8日の告示受付締め切りまでに、現職以外に立候補者がいなければ、選挙は行われず、その時点で当選が確定する。小田原市長選が無投票となったのは過去に1度しかなく(1957年・鈴木十郎氏)、今回無投票となれば、およそ60年ぶり2度目となる。

 加藤氏は2月6日、自身の後援会から3選要請に応える形で立候補を表明。4月中にもマニフェストを公表するとしている。

 なお今回の市長選は、昨年6月に成立した選挙権年齢の「18歳以上」への引き下げは施行日前のため(6月19日施行)該当しない。

 また現職の市議が立候補する場合、告示日の10日前(今回の場合は4月27日)までに議員辞職した場合のみ、補欠選挙が行われる。

 最新の選挙人名簿登録者数は3月2日現在で16万384人(男・7万7952人、女・8万2432人)。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ママ友が販路拡大に一役

はなぞのマルシェ

ママ友が販路拡大に一役 社会

地元店商品オンラインで

12月4日号

60周年で記念公演

小田原吹奏楽研

60周年で記念公演 文化

12月12日、三の丸ホールで

12月4日号

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook