「足りている」とは言うけれど... GW目前、駐車場事情

文化

掲載号:2016年4月16日号

  • LINE
  • hatena

 間もなくゴールデンウィーク。昨年の圏央道開通に続き、今年は小田原城のリニューアルを控え、例年以上に観光客の増加が期待される。観光客の受け入れで、いつも課題となるのが周辺の駐車場だ。

 小田原市は、1996(平成8)年に策定した駐車場整備計画に基づき、中心市街地の駐車場整備を進めてきた。昨年11月の小田原駅東口駐車場オープンで、駅周辺の駐車保有台数は2000台以上。ピーク時調査の稼働率は60%で、実は「足りている」のだ。

 小田原の観光の核は中心市街地内の小田原城。二の丸広場を会場に開催された小田原かまぼこ桜まつり(3月26・27日)には4・3万人、桜が満開を迎えつつあった翌週の小田原おでんサミット(4月2・3日)には9万人の来場者が集まった。大きなイベントこそなかったが、城周辺の桜が持ちこたえた翌週末も、大勢の観光客が訪れ、駐車場は「満車」が目立った。

「臨時駐車場にならないの?」

 駐車場の台数は十分だが、小田原駅や小田原城周辺など、便利な場所に利用者が集中するバランスの悪さが「土日はいつも満車」のイメージを作っている。観光誘客の増加を目指す小田原にとっては、決して好ましいことではない。

 問題解決のため「観光シーズンだけ臨時駐車場にすれば」と思わせるのが、近年中心市街地に顕在化してきている「空き地」。

 駅前の再開発予定地(写真右上)や芸術文化創造センター建設予定地(写真右下)、昨年史跡整備のため取得し、このほど更地になった旧日本たばこ(株)営業所跡地(写真左上)などがそれだ。

 ただこれらの土地は、国からの補助金で取得した、使途が決まった土地のため、目的外の使用は法律で禁じられている。商店主などからは「臨時駐車場にならないか」との要望もあり、小田原市も県や国に確認したが「常習化してしまうと良くない」(市文化財課)と了解が得られなかったという。

 市観光課では、補助金を得ずに取得した西海子通りの旧保健所跡地(写真左下)を、桜のシーズン(3月26日から4月10日)の土・日のみ駐車場として開放。1日150〜200台が利用し、時間帯によっては「満車」になった。5月3日の北條五代祭り当日も、1回500円で駐車可能にするが「民業圧迫になってはいけない」(同課)との理由で、GW中の開放は祭り当日だけ。同課では特典付のキャンペーンを実施し、公共交通機関の利用促進に力を入れる。

 メディア露出の増加などで、人気観光地となりつつある小田原。それだけに、不足していない「駐車場不足」は悩ましい課題だ。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

技を未来へ、木工アート展示

三の丸ホール

技を未来へ、木工アート展示 文化

9人の若手職人が制作

9月25日号

強羅で秋のおもてなし

強羅で秋のおもてなし 社会

月見団子とススキ飾る

9月25日号

箱根に 頼れる「山の神」

箱根に 頼れる「山の神」 社会

宮城野駐在所 高野陽丞さん

9月25日号

騙しの電話 多いのは何時?

数字で見る 詐欺と事故

騙しの電話 多いのは何時? 社会

9月25日号

「特殊詐欺 絶対に許さない」

「特殊詐欺 絶対に許さない」 社会

野崎剛志署長インタビュー

9月25日号

原監督に学ぶ人材育成

原監督に学ぶ人材育成 スポーツ

10月3日 三の丸ホールで

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook