伐採中止から1年 今年も咲いた”3丁目の桜” 地元住民「やっぱりきれい」

社会

掲載号:2016年4月16日号

  • LINE
  • hatena
一部切断された桜も満開に(4日)
一部切断された桜も満開に(4日)

 地域住民の声によって、市の進めた伐採計画が中止となった”城山3丁目の桜”。1年が経過した今春、道路沿いには再び桜が満開となった。

*  *  *

 市内各地で桜が見ごろを迎えていた4月4日、城山の通りも桜に彩られていた。木々を見上げた女性は、「何十年もこの光景を見てきた。少しさっぱりしたけれど、きれいだね」と頬を緩めた。

 昨年1月、街路樹を管理する市が、樹齢を重ねた3丁目の桜15本のうち3本を伐採。ほかの12本も伐採予定だったが、住民たちから中止を求める声があがり、計画は一時凍結となった。 その後、7月に樹木医によって残った12本の精密診断が行われ、11月から12月にかけて、それぞれの木の状態に応じて剪定や切断などの処理が施された。うち2本は追加で伐採となり、現在は10本がかつての形を残している。

市「今後の計画は住民と相談」

 周辺住民からは、「花びらや落ち葉の掃きそうじが大変だけれど、開花するとやっぱりきれい。樹木が元気なうちは維持してほしい」といった声が聞かれた。伐採した桜の代替えなどについて、市みどり公園課は「地元住民の方々と相談しながら進めていきたい」と話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

伊豆山を継続支援

小田原白梅ライオンズ

伊豆山を継続支援 社会

約30万円を現地に送金

9月18日号

風魔忍者を募集中

小田原市観光協会

風魔忍者を募集中 文化

殺陣習得でショー出演

9月18日号

古典芸能で幕開け

小田原三の丸ホール

古典芸能で幕開け 文化

文化・芸術 創造の拠点に

9月18日号

小田原市がスマホ教室

小田原市がスマホ教室 社会

携帯販売事業者4社と協定

9月18日号

防犯、青少年育成などの力に

防犯、青少年育成などの力に 社会

小田原遊技場組合が寄付

9月18日号

もしかして摂食障害?

当事者・支援者・家族向けセミナー

もしかして摂食障害? 社会

10月9日 UMECO

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook