図書館ボランティア「かもめ図書館フレンズ」で児童コーナーグループのリーダーを務める 高橋 和子さん 市内下曽我在住 64歳

掲載号:2016年5月28日号

  • LINE
  • hatena

少女の心いつまでも

 ○…先日、13回目となるおりがみ壁飾り展を無事に終えた。「退職後、毎日のように通っていた」ことから参加した図書館ボランティア。配架や修理など5つの活動から児童図書コーナーの壁を折り紙で飾るグループを選んだのは、元来の手芸好きと小学校での教員経験から。子ども時分の手先の記憶に頼りながら、17人の仲間とともに、図書館内に彩りを生み出している。現在は毎月第3土曜日に、図書館2階の創作室で折り紙体験教室を開催している。意外にもお年寄りの手遊びとして人気だとか。確かに作品展中も、孫に一生懸命手ほどきする女性もいた。『おりがみをおりましょう』と、呼びかけるような催し名がやさしい。

 ○…世界の童話シリーズに始まる本好き。愛読書は10代でお小遣いをためて買い、今も時おり手に取る『赤毛のアン』。空想が大好きな主人公に親近感を覚える。大学時代、片道2時間の通学は読書と、人間観察から展開する空想で「飽きるヒマもなかった」とほほ笑む。

 ○…3人きょうだいの長子。「自立がしたくて」横浜国立大学に進学。初等科の教員免許を取得し、市内5校で教鞭をとった。中でも新設校だった豊川小では、同僚たちと、知恵と経験を持ち寄り一から作りあげた運動会の思い出などが色濃く残る。後から異動してきて、のちに生涯の伴侶となる夫の「純粋に子どもが好きで、引っ張っていく姿」に魅かれ、職場結婚。「行事や繁忙期がほぼ同じで困りました」。さまざまなことを相談し、高めあいながら50歳まで教壇に立った。

 ○…今ならカエルの合唱がBGMだろうか。生まれ育った下曽我周辺の田園風景をこよなく愛し、1時間程度の散歩なら何のその。生命力あふれる春は、足元にオオイヌノフグリを探してキョロキョロ、レンゲの香りを捉えてはクンクンと、特に好きな季節。宗我神社の裏手から県道へ抜けるコースが、富士山の雄姿を望むお気に入りスポットだ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

丸塚 正子さん

小田原足柄納税貯蓄組合連合会初の女性会長に就任した

丸塚 正子さん

湯河原町在住 72歳

6月19日号

永井 等さん

町立湯河原美術館で10年ぶりに絵画展を開催している

永井 等さん

湯河原町在住 53歳

6月12日号

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市議会第64代議長に就任した

大川 裕(ゆたか)さん

小田原市扇町在住 56歳

6月5日号

佐藤 静さん

「minaka dayマルシェ」の実行委員として、中心的な役割を務める

佐藤 静さん

小田原市出身 39歳

5月29日号

皆木孝行さん

岩ガキ「鶴宝」の養殖事業を手掛ける(株)岩ガキBASE代表取締役

皆木孝行さん

真鶴町在住 39歳

5月22日号

菅井 達司さん

AKB48などに楽曲を提供する作曲家で、4月に小田原で音楽教室を開校した

菅井 達司さん

湯河原町在住 43歳

5月15日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter