「小ぶりでも実はずっしり」 曽我の梅、出荷始まる

社会

掲載号:2016年5月28日号

  • LINE
  • hatena
青梅を収穫する関野さん
青梅を収穫する関野さん

 関東で一番早い梅の初もぎが5月19日、瑞雲寺(市内上曽我)の梅林で行われた。この日収穫された梅酒用の品種「白加賀」20kgは、JAかながわ西湘成田総合選果場に運ばれた後、京浜方面の市場へサンプルとして出荷された。

 小田原市梅研究会の穂坂成雄会長によると、「ここ3年は開花が遅かったが、今年は1月中旬には開花。平年並みに戻った。5月4日、5日の強風で収穫間近の落果があったものの、実のなる頃に霜が降りるといった大きな天候不順もなく発育は順調」と話す。実のサイズは、「大ぶりだった昨年に比べて小さいが、しっかりとしたつき方をしている」と今年の出来を口にした。

 この日は、直径36〜39㎜の2Lサイズがサンプルとして収穫された。30年以上梅をもぐ、ベテランの関野和子さんは、「忙しい時期がやってきたわ」と、順調な発育に笑みを浮かべた。

 市農政課によると今年の収穫量は、白加賀107t、梅干し用の十郎、南高、杉田で191t、計298tと例年並みを見込んでいる。白加賀の出荷は、22日から本格的に始まり、十郎などの梅干し用の品種が6月末まで順次出荷される予定だ。
 

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

小田原市に酒蔵を新設

(株)RiceWine森山酒造

小田原市に酒蔵を新設 社会

「HINEMOS(ヒネモス)」を世界に

6月12日号

湯河原、今夏は開設

海水浴場

湯河原、今夏は開設 社会

小田原市、真鶴町は中止

6月12日号

「食」でカカオ生産者を支援

小田原市寿町柳下龍介さん

「食」でカカオ生産者を支援 文化

「生ガトーショコラ」開発販売

6月5日号

接種の予約「焦らずに」

小田原市コロナワクチン

接種の予約「焦らずに」 社会

電話・ネット 申し込み集中

6月5日号

「税制優遇」延長手続き 6割弱

小田原市生産緑地

「税制優遇」延長手続き 6割弱 社会

大半が来年に期間終了

5月29日号

ママに活動バトンタッチ

真鶴未来塾

ママに活動バトンタッチ コミュニティ社会

子育て世代の交流を支援

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter