子ども食堂が酒匂に誕生 高齢者の居場所の役割も

社会

掲載号:2016年6月4日号

  • LINE
  • hatena
運営団体の本多代表
運営団体の本多代表

 地域の子ども達に無償で食事を提供する「子ども食堂」。貧困や孤食の対策として全国的に拡大傾向にあるなか、小田原市内でも6月8日に開かれることが決まった。

 酒匂4丁目の小田原市集会所に開かれる子ども食堂「はまっこてらす」は、食事の提供や居場所づくり、学習支援を目的に6月から毎月第2水曜日に開かれる。調理や子どもの送迎等はすべてボランティアで、食材の購入は運営団体『チーム・そよ風』の会費や寄付によりまかなう。18歳以下は無料、大人も300円で利用できる。

 市内小八幡在住で同団体代表の本多孝子さん(59)は地方公務員を退職後、ボランティア活動に励もうと4年前にヘルスメイト(食生活改善推進員)の養成講座を受講。以来、幼少期から食に関心をもってほしいと保育園などで食育活動を行うなか、各メディアで報じられる子ども食堂に興味を抱くようになった。

 自身が住むエリアで、共働きやひとり親家庭であるがゆえに孤食を強いられる子どもの有無は不明。需要があるか分からぬままの見切り発車となるが、それでも「受け皿として整えておくのは良いこと」と考え、周囲の賛同も得て3月に団体を発足。地域の小中学校への周知など、開催の準備を進めてきた。

 公務員時代に子育て支援センターに勤務していた際、厳しい家庭環境下で育つ子ども達の存在を肌身で感じたという本多さん。「『自分は必要とされていない』と自己肯定感を下げないためにも、孤食がない環境にしたい」と意気込む。はまっこてらすには地域の居場所の役割もあり、高齢者などの利用も歓迎するという。

 小田原短期大学食物栄養学科の稲葉佳代子教授は、孤食について「食べ過ぎ」「食べなさ過ぎ」「栄養の偏り」など栄養面での悪影響を指摘。また、「一緒に食事をとれば会話が生まれ、コミュニケーション能力が育まれる。複数で楽しく食べれば食欲もわく」と、栄養摂取以外にも食事を通じ多くの効果が得られると話した。

 開催時間は各日午後3時30分から7時30分。食材の提供など、はまっこてらすに関する問い合わせは本多さん【携帯電話】090・1438・2461へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

小田原三の丸ホールが開館

小田原三の丸ホールが開館 文化

9月5日 記念事業も

9月4日号

コロナ対策に約11億円

小田原市9月補正予算

コロナ対策に約11億円 政治

デジタル整備、商品券など

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook