県西版DMOが発足 ノウハウの共有に期待

経済

掲載号:2016年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 県西2市8町をエリアとする県西版DMOの運営を担う一般社団法人かながわ西観光コンベンション・ビューロー(CB)が6月1日に設立された。

 DMO(Destination Management/ Marketing Organization)とは、観光地としての経営に視点を置き、「稼ぐ力」を引き出すため、各種団体と協働し、地域経済の成長を戦略的に行う舵取り役を担う組織のこと。国の地方創生の施策の一環で、小田原では、市が3月に観光戦略ビジョンを策定、それを基に観光協会が受け皿となり、観光庁が申請を受け付けている地域版DMOの候補法人として登録を済ませている。

 かながわ西観光CBは、(一社)小田原プロモーションフォーラムの古川達高代表理事、中嶋順専務理事、FM小田原(株)の鈴木伸幸社長、(株)ういろうの外郎武社長の4人が発起人となり、東京オリンピック・パラリンピック神奈川県西部連絡会のコアメンバーを中心に、設立準備を進めてきた。代表には古川氏が就任。今後は活動に賛同する会員を募りながら、例会と理事会を月に1、2回の割合で開催。各団体の連携を図りながら2市8町の実態把握および情報共有を進めていく。古川代表は「県西の官民双方がノウハウを共有し、活用する場になれば」と話している。

 問合せはかながわ西観光CB事務局【携帯電話】0465・20・9166。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

民間提案制度 対象を拡大

小田原市

民間提案制度 対象を拡大 経済

柔軟な発想 まちづくりへ

9月25日号

感謝と敬意 音色に込めて

バイオリニスト式町水晶さん

感謝と敬意 音色に込めて 文化

パラ閉会式で演奏

9月25日号

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook