旭丘高相撲部 宿敵撃破で初IHへ 創部6年で県総体制す

スポーツ

掲載号:2016年6月25日号

  • LINE
  • hatena
右下から時計回りに矢野主将、林君、チョイジル君、岸田顧問、石濱君、高木君、ダライ・バートル君(1年)
右下から時計回りに矢野主将、林君、チョイジル君、岸田顧問、石濱君、高木君、ダライ・バートル君(1年)

 新名学園旭丘高校の相撲部(岸田光弘顧問)が19日に行われた県高校総体・団体戦で初優勝を飾り、創部6年目にして悲願のインターハイ出場を決めた。

 他校が団体戦にはエントリーせず、向の岡工高との事実上一騎打ちとなった決勝戦。旭丘高は、林怜哉君(先鋒・2年)、チョイジル・スレン君(次鋒・1年)、矢野雄一郎主将(3年・中堅)、高木大貴君(副将・2年)、石濱漢崇(くにたか)君(大将・1年)の順でオーダーを組み宿敵に挑んだ。「序盤で流れをつくる」(岸田顧問)作戦通り先鋒から3連勝し、3―2で撃破。王者の16連覇を阻み、ついに頂点に立った。

チーム力で掴んだ勝利OBらも一丸サポート

 「今年のチームには勝つ雰囲気がある」(岸田顧問)。試合前には「自信を持って、日々の稽古を信じて戦え」と選手を鼓舞して送り出した。これに応えるように先鋒の林君が我慢の相撲で寄り倒し、先勝。大事な初戦をとったことでチームに流れをもたらした。続くチョイジル君が下手投げで王手をかけ、中堅戦へ。大一番が回ってきた矢野主将は「あまり意識すると身体が固くなる。後ろの2人を信じ、いつも通りの相撲をとろう」と土俵にあがった。

 過去1度の対戦経験しかない相手だったが「迷わずいこうと思っていた」とイメージ通り身体が動き、見事に小手投げが決まった。その瞬間「身体中から喜びがこみ上げて」思わず土俵上で雄叫びをあげたという矢野主将。先輩も成し得なかったインターハイ出場にチームが沸いた。

 同校に相撲部が設立されたのは6年前。千葉醇也さん(当時1年)が一人で立ち上げた同好会が始まりだった。今大会直前には、千葉さんらOBが合宿にも駆けつけ、稽古をつけたという。当日も、同じ土俵で汗を流す金太郎相撲連盟の子どもたちと声援を送り、後輩たちの勇姿を見守った。

 「みんなでつかんだ優勝。ようやくです」と肩をなでおろした岸田顧問。矢野主将は「いい雰囲気を保って稽古に励み、自分たちの力を出し切りたい」と初の大舞台に向け、意気込んだ。 インターハイは8月3〜5日、鳥取県で開催される。

合宿を重ね結束を高めた
合宿を重ね結束を高めた

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

小田原三の丸ホールが開館

小田原三の丸ホールが開館 文化

9月5日 記念事業も

9月4日号

コロナ対策に約11億円

小田原市9月補正予算

コロナ対策に約11億円 政治

デジタル整備、商品券など

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook