平和への願い込めて ユネスコが最乗寺で鐘撞き

社会

掲載号:2016年7月30日号

  • LINE
  • hatena
一人ずつ鐘を撞いた
一人ずつ鐘を撞いた

 小田原ユネスコ協会(中山善夫会長)が7月17日、「平和の鐘を鳴らそう」を大雄山最乗寺で行い、会員や一般32人が参加した。

 「非暴力の国際社会をつくるために」という願いが込められているイベント。中山会長から「神奈川にも世界遺産を」という挨拶があった後、参加者は寺の鐘をひとりずつ撞いた。その後に聴講した法話では、道元禅師の教え「今を大事に生きろ」といった、日常生活でも役に立つような心構えを聞いた。イベントの最後には、僧侶が食する精進料理の昼食に参加者は舌鼓をうった。

 中山会長は「一般の人も参加してくれてよかった。法話も内容が良くてね」と安堵の表情を浮かべた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

天守閣に冬の灯火

天守閣に冬の灯火 文化

児童らのちょうちん展示

12月4日号

2年ぶりのコンサート

小田原少年少女合唱隊

2年ぶりのコンサート 文化

クリスマスの曲を披露

12月4日号

人命救助に感謝状

小田原市消防本部

人命救助に感謝状 社会

12月4日号

ジオラマの街で「出発進行」

ヒルトン小田原

ジオラマの街で「出発進行」 文化

クリスマス・トレイン

12月4日号

プロが感じる県西の魅力

プロが感じる県西の魅力 社会

11日(土)にシンポジウム

12月4日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook