インターハイで熱戦 歓喜、涙、そして・・・ 陸上/ソフトテニス/相撲

スポーツ

掲載号:2016年8月27日号

  • LINE
  • hatena
けがで欠場した佐藤さんへメダルが届けられた
けがで欠場した佐藤さんへメダルが届けられた

 中国地方を舞台に7〜8月にかけて熱戦が繰り広げられた全国高校総体(インターハイ)。市内の高校から出場し、大舞台で奮闘した高校生たちを追った。

 相洋高勢が戦った5日間の陸上競技で、最初の決勝種目となった女子400mには、部長でもある青木りんさん(3年)が登場。「勝って勢いづけたかった」という青木さんは、優勝候補の実力通り終始トップでレースを制した。その後の200mでも4位に入賞した。

 男子400mでは中机陽彦君(3年)が5位に入り、昨年から1つ順位を上げ2年連続入賞。準決勝のレース中に足がけいれんしながらも、何とか走り切って決勝へ進んだ中机君は「最高です。最後まで諦めなくてよかった」と喜んだ。

 ハードル種目では、3年生でインターハイ初出場を果たした2人が奮闘。男子400mハードルの増子雄太君は、臀部に痛みを抱えての本番となった。予選を突破したものの、準決勝前には十分なアップができず。それでも歯を食いしばりながらハードルを越えてゴール。準決勝敗退に「力不足です」と悔しさを滲ませた。

 一方、「遠征になるとダメ」という高橋真布さんは、出番が5日目にも関わらず初日から入念に準備した。すると、待ちわびたレースで自己ベストを連発。準決勝では0秒04上回る13秒97、決勝はさらに記録を伸ばし13秒95で7位に。「楽しかった」と入賞に笑顔を見せつつも「上位は速くて勝負にならなかった。満足していない」と語った。

約束したメダル

 リレーは、喜びと悲しみが交錯した。

 3日目、3年生で臨んだ女子4×100m決勝でアクシデントは起きた。野口友里さん、青木さんとつなぎ、3走の佐藤未歩さんが4走の八柳千歩さんにバトンパスする直前に肉離れ。減速した佐藤さんから、すでにスタートしていた八柳さんにリレーゾーン内でバトンが渡らず失格に。まさかの結果に涙が止まらない選手たち。しかし2日後、悔し涙をうれし涙へと変えてみせた。

 同じメンバーで出場予定だった4×400mは、けがの佐藤さんに代わり、この2年間で両足手術を乗り越えた中村南海さん(3年)が出場。「ミホにメダルを-」。決勝では、8番目にバトンを受けたアンカー・青木さんの猛烈な追い上げで銅メダルを獲得。表彰式後、佐藤さんの首にはメンバーからメダルがかけられた。佐藤さんは「とても重い。絶対に獲ってくれると信じていた」と目を潤ませた。

悲願に肉薄

 最後の男子4×400m決勝には、相洋男子初のリレー制覇に向けてメルドラム・アラン君(1年)、飯嶋駿君(3年)、増子君、中机君が挑んだ。3走を終え、トップの洛南高(京都)との差は1m。4走の中机君が積極的な走りで一時は先頭に立つも、再逆転されて準優勝。3分8秒91で従来の大会記録と県記録を塗り替えたが0秒34差で悲願達成を逃し、中机君はトラックを叩いて涙した。部長の飯嶋君は「優勝を狙っていたので本当に悔しい」と声を詰まらせた。

 男子リレーチームは秋にも試合を控える。大会後に苦悩していた中机君だが、もう吹っ切れた。「仲間が今度は3分7秒台の新記録を出すって言ってるんです」

ソフトテニス女子4回戦へ

 女子は相洋の矢野礼実・高宮莉那ペア(写真上)、小田原の山田歩実・桒野未来ペア(写真下)が、ともに大会2日目の4回戦まで進みベスト64に入った。いずれも2年生。この経験を来年への糧にする。

 男子は相洋の柴田大輝・原碩亮(ひろあき)(ともに3年)ペアは3回戦、小田原の中島大(2年)・平野太樹(3年)ペアは2回戦で敗退した。

相撲成長遂げた初舞台

 団体戦に初出場した旭丘高校相撲部は、矢野雄一郎主将(3年)、林怜哉君、高木大貴君(ともに2年)、石濱漢崇(くにたか)君、チョイジル・スレン君・ダライ・バートル君(1年)の布陣で決勝トーナメントまで進出。岸田光弘顧問は「精神的に強くなった」と振り返った。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter