「第二金土デッサン会」の代表を務める 横田 逸郎さん 市内鴨宮在住 67歳

掲載号:2016年8月27日号

  • LINE
  • hatena

第2の青春、謳歌中

 ○…発足当初は文字通り「第二金土」にデッサン会を開いていたという会に入会したのは、定年が機。40年以上の歴史を持つ会はご多分に漏れず高齢化が進んでおり、60歳の”新人”にいきなり幹事役が回ってきて、2年目から代表を任されている。デッサン会は都内からモデルを呼び、1回2時間、月に3回開く。「カルチャー教室ではないので皆真剣」。会員は40人弱だが、高齢化もあり1回の参加は10〜15人。モデル料を考えるともう少し参加が欲しいという。「絵を勉強するチャンスなのでぜひ」と取材は新入会員の勧誘で始まった。ちゃっかりしている。

 ○…生まれは都内。高校、大学では陸上競技に汗を流し、400mハードルで日本選手権に出場した経験を持つ。転職を機に37歳で小田原へ。当時の鴨宮は辺り一面田んぼばかりだったという。「魚屋さんがいっぱいあったねぇ」とそばにいた奥さんと思い出話に花が咲いた。当時は子育てに仕事にと多忙で、絵を描く日々が来るなど想像もできなかった。定年が機とはいえ、趣味に絵を選んだのは母の存在があったからかもしれない。50歳を過ぎてから絵画教室に通っていたという母の姿が、定年後の自分に重なったのではないだろうか。「一生懸命やると日を追って上手くなる。それが楽しい」。そう語る視線は力強く、のめり込んでいる様子が伝わってくる。今ではデッサン会の他に、マロニエで月2回、先生の指導を受けるほどの熱の入れようだ。

 ○…絵は長く続ける趣味として良いという。「だって、運動は体力がいずれ衰える、陶芸などかさばる作品が残るものは大変。その点、絵ならデッサンやクロッキーはいくら書いてもこんなものでしょ」と親指と人差し指で3cmくらいの幅をつくって得意気にほほ笑む。しかしアトリエには絵を描き始めて7年間、「一枚も処分していない」という作品がたまっていた。何とも説得力がない。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

石塚 順一さん

2021年度小田原箱根商工会議所青年部(YEG)会長に就任した

石塚 順一さん

小田原市前川在住 46歳

5月8日号

萩野 剛将さん

文化堂印刷(株)で事業開発を行う

萩野 剛将さん

小田原市酒匂在住 30歳

5月1日号

矢端 雅子さん

株式会社ジェイコム湘南・神奈川 西湘局の局長に就任した

矢端 雅子さん

小田原市板橋勤務 55歳

4月24日号

井上 康樹さん

4月1日から箱根町の教育長を務める

井上 康樹さん

開成町在住 61歳

4月17日号

高橋 貴博さん

全国優勝した少年ソフトボール選抜チーム「西湘」の監督を務める

高橋 貴博さん

小田原市酒匂在住 57歳

4月10日号

高橋 剛司(たけし)さん

ミナカ小田原の総支配人を務める

高橋 剛司(たけし)さん

小田原市城山在住 56歳

4月3日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter