100歳以上 過去最高の143人

社会

掲載号:2016年9月17日号

  • LINE
  • hatena

 9月19日は「敬老の日」。市高齢介護課の発表によると、市内で2017年3月31日までに75歳以上になる人は2万7576人。施設を除いた地区別で見ると、富水地区が最も多く、2056人。最も少ないのは片浦地区の373人。一方、新たに100歳になる人は61人で、100歳以上の市民が過去最高の143人となる(いずれの人数も7月15日現在)。

 小田原市の人口19万4502人に対し、65歳以上の人口は5万3771人と27・6%を占める(1月1日現在)。市内最高齢は城山在住の女性108歳。男性では早川在住の105歳だった。2015年調査によると、日本人の平均寿命は男性80・79歳、女性87・05歳となっている。

 敬老の日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日。市内各地で敬老行事が行われる。昨年の敬老行事は自治会や福祉施設など124カ所で開かれたが、今年は7カ所増えて131カ所で行われる予定。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook