小田原勢12人エントリー 10月1日から「いわて国体」

スポーツ

掲載号:2016年9月24日号

  • LINE
  • hatena
神奈川代表として松下さんも出場
神奈川代表として松下さんも出場

 国内最大のスポーツの祭典である「第71回国民体育大会」が10月1日(土)、岩手県を会場に幕を開ける。小田原からは出身・在学・在勤を含め総勢12人がエントリー。神奈川選手団の一員として戦いに挑む。

 7日(金)から始まる陸上競技には、リオデジャネイロ五輪に出場した国府津出身・松下祐樹さん(25・ミズノ)が、成年男子400mハードルで登場。2020年の東京五輪に向けて再出発を切った松下さんは、「国体が今シーズン最後の試合。来シーズンにつながるいいレースをしたい」と話し、自己ベスト(49秒10)を上回る48秒台を視野に捉える。

 相洋高3年時にインターハイを制した成年女子100mの蔭山愛さん(26・小田原市役所)は、今回がラストラン。「苦しくてやめたいときもあったが、好きで続けてきた。チームにプラスになる働きをしたい」と、今大会への想いはひとしお。また、相洋高からは、今年のインターハイで日本一に輝いた青木りんさんと、同5位の中机陽彦君(ともに3年)が、それぞれ少年女子A、男子Aの400mに臨む。2年連続出場の2人は優勝を目標に、「神奈川チームのためにがんばりたい」(青木さん)、「県記録更新を狙いたい」(中机君)と語る。

新顔、ベテラン一致団結

 2日(日)からのソフトテニス少年女子には、桒野未来さん(小田原高2年)がシングルスで初出場。「テッペン取る」のテニスチームの意気込みは、仲間の応援があったからこそ。「試合は一人だけれど一人で戦っている感覚はない。シングル1本取ってきます」と話した。

 ソフトボールも2日にスタート。少年男子に、中戸川泰雅(たいが)君(相洋高3年)が初めて選ばれた。捕手や指名打者として1番打者での起用が予想される中戸川君は、「どんな形でも出塁したい。3年間の集大成なので、優勝を狙いたい」と鼻息は荒い。

 中村原在住の多田信吾さん(51・県クレー射撃協会)は、8日(土)からのクレー射撃トラップに出場。国体は16回目で、初出場時に優勝した経験もある。「国内最大級の試合。出るからには皆で力を合わせ神奈川の総合優勝を目指す。個人でも満点に近い射撃をしますよ」と闘志をみなぎらせる。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

自宅療養者を支援

1市3町

自宅療養者を支援 社会

食料品手配など展開

1月22日号

キッチンカー「食べて応援」

小田原市

キッチンカー「食べて応援」 社会

市役所駐車場などを活用

1月22日号

なりわい文化を発信

全国産業観光フォーラム

なりわい文化を発信 文化

小田原市で2月17日、18日

1月15日号

ゆかりの地通じ街をPR

大河ドラマ

ゆかりの地通じ街をPR 文化

『鎌倉殿の13人』で市町活性化へ

1月15日号

2,270人が新成人に

1市3町

2,270人が新成人に 社会

小田原、真鶴で前年比増

1月8日号

小学生向けに報告会

小田原市議会

小学生向けに報告会 政治

「地方自治に関心持って」

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook