減塩”ミソ”のレシピ集結 味噌汁コンテストで5組が調理

社会

掲載号:2016年11月12日号

  • LINE
  • hatena

 小田原食品衛生協会が主催する「健康具だくさん味噌汁コンテスト」の2次審査が11月5日に、保健センターの調理室で行われた。

 1次審査の応募総数は51通。地元味噌店の「いいちみそ」を使い、減塩で野菜たっぷりかつ、おいしく、の応募条件に、地産地消であることや独創性も加味して、同協会員や小田原短期大学教授らが5組のレシピを厳選した。

 最年少の加藤優善君(12)は母の聖子さんとともに参加。枝豆やパプリカが鮮やかな「カラフル野菜のミルク味噌スープ」と、出汁をとったあとの鰹節や鶏皮を混ぜ込み、にんにくの香りが引き立つ「だしおにぎり」を作った(写真【1】)。

 小田原短期大学に通う海野栞里さんは、友人の岩上百合さんを助っ人に参戦。進学を機に一人暮らしを始めてから、体調管理に気を付けるようになったと話し、なめこや素麺などで食べごたえを生んだ「とろみ最高!心も体もホッカホカお味噌汁」を作った(同【2】)。

 管理栄養士の野口友美さんは、具材の旨みを活かし、家でも簡単に作れるレシピを考案。和食に多用されるキノコやイモ、さらに小田原名産の練り物を使った「”まごはやさしい”小田原セット」で挑んだ(同【3】)。

 器や箸、盆にもこだわった、チーム「デザインこねこ(株)」の長嶺喜和さんと上島麻耶さんは「足柄茶を使った、鯵と下中玉ねぎのお味噌汁。ゴマ油香る焼きおにぎりを添えて。」を2人で調理。味噌をもみ込んだ鯵に、足柄茶や鰯の粉末を加えて熱々の出汁を注ぎ味噌汁を完成させた(同【4】)。

 結婚40年超の石井章子さんは、大人の味の「ほろ酔いカマととスープ」で注目を集めた。人参やごぼう、葱を刻み、かますのすり身と混ぜ合わせて油で揚げ、汁の具材に。溶いた酒粕の効果で、調理後の試食時には「体があたたまる」という声が挙がった(同【5】)。

 最優秀賞ほか審査結果の発表と表彰式は、23日(祝・水)の午後1時から、ダイナシティウエストのキャニオンステージで行われる。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「業務にスピード感を」

「業務にスピード感を」 政治

守屋新市長が初登庁

5月30日号

町立施設運営再開へ

町立施設運営再開へ 文化

箱根町

5月30日号

会派構成を変更

会派構成を変更 政治

小田原市議会

5月30日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月30日号

「ママの就労」ヒントを学ぶ

市内NPO

「ママの就労」ヒントを学ぶ 教育

オンラインで講座など

5月30日号

EVシェア 運用開始

EVシェア 運用開始 経済

小田原エリアで「eemo」

5月30日号

(株)三和消毒

巷が緊急事態宣言発令中でもシロアリはやってくる

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク