高校ソフトテニス 相洋、西湘、小田原が4強へ

スポーツ

掲載号:2016年12月10日号

  • LINE
  • hatena
石井・矢野ペア
石井・矢野ペア

 3年生が引退し、新チームで挑んだ高校ソフトテニスの新人戦。10月末〜11月にかけて開催された県大会で、市内の高校が個人、団体戦で揃って上位に進出した。

◆相洋高校

 個人戦は、男女ともに県の頂点に立った。

 男子は、1番手の石井武尊(たける)君・矢野陽大(はると)君(ともに2年)ペアが優勝。一つ上の世代がいた4月の大会で県王者となったものの、夏のインターハイ予選では上位8ペアに入れず、全国出場を逃していた。「夏のリベンジを果たせてうれしかった。でも勝って当然」と主将の石井君は話し、第1シードとしてのプライドをのぞかせた。

 一方の女子は、矢野礼実さん・高宮莉那さん(ともに2年)ペアが、悲願の女王に。中学時代、別々の学校で県優勝経験がある2人は、高校でペア結成直後に県制覇を誓った。主将の矢野さんは「勝ってチームに勢いをつけたかった」と振り返り、高宮さんは「思いきって強気でプレーできたのがよかった」と勝因をあげた。

 団体戦は、男子が石井君と矢野君に加え、原陸人君、中川蓮太君、元木寛也君、高橋竜馬君、片山魁人君、坂本有希君(すべて2年)で挑み準優勝。女子も、矢野さんと高宮さんを中心に、2年の神崎ひよりさん、吉澤琉菜さん、飯田彩華さん、佐藤彩夏さん、1年の平本茜里さん、吉川百恵さんのメンバーで2位に。上位2校までに与えられる関東選抜(1月)の出場権を、男女ともに獲得した。

◆西湘高校

 2年の山本晃平君、杉山侑太郎君、和田崇睦君、古舘涼雅君、小松拓貴君と、1年の志村陸君、中村友紀君、内田啓太郎君が団体戦に出場。同校初の4位入賞を果たした。新チーム発足以降「県ベスト4入り」を目標に掲げ、放課後の練習に加え、自主的に朝練をこなしてきた。大会では2回戦の金井高に勝って勢いに乗ると、その後も座間高、鶴嶺高をたて続けに撃破しベスト4に。決勝リーグでは全敗となってしまったが確かな手応えを掴んだ。主将の山本君は「いいスタートが切れた。冬に鍛え直して、次こそはベスト4で勝ちたい」と話した。

◆小田原高校

 桒野未来さん、山田歩実さん、濱島樹さん、富澤明音さん、戸塚梨那さん、今田澪さん(すべて2年)が出場し、4位に入賞。国体直後、さらに新チームになって日も浅かったからか個人戦では振るわず、団体戦前には結城佳織顧問を交えて何度も話し合い、しっかり見つめ直したという。

 決勝リーグでは3敗を喫したものの、主将の桒野さんは「力の差は感じたが、まだまとまっていないチームでも結果を残せてよかった。春までにしっかり差を埋め、チームを束ねていきたい」と話す。冬季は体作りとスキル磨きが課題。「上位3校を越せるように目標を持って頑張っていきたい」と語った。
 

矢野・高宮ペア
矢野・高宮ペア
相洋高男子
相洋高男子
相洋高女子
相洋高女子
西湘高男子
西湘高男子
小田原高女子
小田原高女子

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

エコバッグ作りませんか?

飲食店の皆様へ

エコバッグ作りませんか? 社会

9月19日号

子どもにも「行きつけ」を

子どもにも「行きつけ」を 文化

日常の居場所担う駄菓子店

9月19日号

相洋なでしこが初陣

相洋なでしこが初陣 スポーツ

情熱でゼロから道拓く

9月19日号

レトロな街中を撮影(ハント)

レトロな街中を撮影(ハント) 文化

ハッシュタグで投稿

9月19日号

CF(クラウドファンディング)で資金支援募る

ベルマーレ

CF(クラウドファンディング)で資金支援募る スポーツ

新型コロナで赤字の見通し

9月19日号

惜しまれて、閉館イベント

旧片浦支所

惜しまれて、閉館イベント 社会

有効活用を希望する声も

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク