松下さんら4人が受賞 市民栄誉賞・功労賞

社会

掲載号:2016年12月10日号

  • LINE
  • hatena
松下祐樹さん
松下祐樹さん

 小田原市は11月30日、市民栄誉賞と市民功労賞を発表した。今夏のリオデジャネイロ五輪に出場した松下祐樹さん(25・ミズノ)らが受賞した。

 国内や世界で活躍し、市民に明るい希望を与えた人に贈られる市民栄誉賞には、陸上400mハードルの松下さんと、400mでインターハイを制した青木りんさん(相洋高3年)が選ばれた。

 松下さんは日本選手権で準優勝し、五輪に初出場。「生まれ育った大好きな街から賞をもらえてうれしい。今後も元気と感動を与えたい」(松下さん)

 青木さんも、高校生ながら日本選手権で2位に入り、リレーの五輪代表候補に名を連ねた。インターハイや国体では優勝。受賞に対し、「とても光栄。賞に恥じないよう頑張っていきたい」と語った。

 一方、学術や文化などで功績を残した人に贈られる市民功労賞は、故・渡邉久江さん(享年78)と佃悦夫さん(82)が受賞した。

 7月に他界した渡邉さんは、17年間に渡って交通安全母の会連絡協議会の会長を務めた。長男・剛治さん(40)は「評価してもらってありがたい。母も同じ気持ちだと思う」と話した。

 佃さんは、1988年から現在まで小田原俳句協会の会長。市民文化祭などで俳句の普及に尽力してきた。受賞に驚きつつも、「ずっと句を詠み続けていきたい」と喜んだ。

故・渡邉久江さん
故・渡邉久江さん
佃悦夫さん
佃悦夫さん
青木りんさん
青木りんさん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

エコバッグ作りませんか?

飲食店の皆様へ

エコバッグ作りませんか? 社会

9月19日号

子どもにも「行きつけ」を

子どもにも「行きつけ」を 文化

日常の居場所担う駄菓子店

9月19日号

相洋なでしこが初陣

相洋なでしこが初陣 スポーツ

情熱でゼロから道拓く

9月19日号

レトロな街中を撮影(ハント)

レトロな街中を撮影(ハント) 文化

ハッシュタグで投稿

9月19日号

CF(クラウドファンディング)で資金支援募る

ベルマーレ

CF(クラウドファンディング)で資金支援募る スポーツ

新型コロナで赤字の見通し

9月19日号

惜しまれて、閉館イベント

旧片浦支所

惜しまれて、閉館イベント 社会

有効活用を希望する声も

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク