湘南国際マラソン 船津さんがV2 自己ベストを2分更新

スポーツ

掲載号:2016年12月17日号

  • LINE
  • hatena
メダルを手に笑顔の船津さん
メダルを手に笑顔の船津さん

 12月4日に行われた「第11回湘南国際マラソン」のフルマラソン一般の部女子で市内在住の船津麻里さん(44歳)が2時間50分50秒のタイムで2年連続の優勝を果たした。

 一昨年のハーフ、昨年のフルに続き、今年もトップでゴールテープを切った。「もちろん優勝は狙っていました。プレッシャーもあったが、『よし、頑張ったな』という気持ち」と、2位の選手を8分近く引き離す会心の走りを振り返った。

 1Km4分のペースで「途切れない沿道の歓声に応えながら楽しく走れた」という船津さん。しかし、昨年の大会で優勝後、小田原代表に初選出された2月の神奈川駅伝で足と腰を故障。以降、月400Kmの練習を継続したが不振に悩まされ、「どこをどうしていいのかわからなかった」と、走ることが嫌になった時期もあったという。

 そんな時に支えになったのが所属する小田原ナイトランナーズの仲間の励ましだった。「気持ちが乗らずに練習で走る本数を減らしたが、仲間の激励に助けられた」と秋口から調子を取り戻すと、直前の丹沢湖マラソンで優勝。掴んだ手応えを力に変えた。

東京マラソンに初挑戦

 昨大会で記録した自己ベストを2分上回るタイムでの優勝に喜びの表情を浮かべるが、「本当は2時間50分を切りたかった」と悔しさもにじませる。

 だが、10月のトライアルレースで自ら出場権を勝ち取った来年2月の東京マラソンをリベンジの舞台にする。「招待選手も多く出場する中で、どこまで自分の走りができるか楽しみ」とさらに勢いを加速させるつもりだ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

箱根観光客増加に期待

箱根観光客増加に期待 経済

GoToトラベル都民追加

9月26日号

工事遅れで崩落拡大

小田原市森戸川護岸

工事遅れで崩落拡大 社会

地域住民から不安の声

9月26日号

流行前の対応 呼び掛け

インフルエンザ予防接種

流行前の対応 呼び掛け 社会

市内医師らが注意喚起

9月19日号

新人松本氏が制す

真鶴町長選

新人松本氏が制す 政治

1139票差で宇賀氏敗れる

9月19日号

国際基準のグラウンドに

旭丘高校

国際基準のグラウンドに 教育

夜間照明完備、地域開放も

9月12日号

初の公設民営へ

小田原市放課後児童クラブ

初の公設民営へ 教育

10月から開所時間拡大

9月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月26日号

お問い合わせ

外部リンク