湘南国際マラソン 船津さんがV2 自己ベストを2分更新

スポーツ

掲載号:2016年12月17日号

  • LINE
  • hatena
メダルを手に笑顔の船津さん
メダルを手に笑顔の船津さん

 12月4日に行われた「第11回湘南国際マラソン」のフルマラソン一般の部女子で市内在住の船津麻里さん(44歳)が2時間50分50秒のタイムで2年連続の優勝を果たした。

 一昨年のハーフ、昨年のフルに続き、今年もトップでゴールテープを切った。「もちろん優勝は狙っていました。プレッシャーもあったが、『よし、頑張ったな』という気持ち」と、2位の選手を8分近く引き離す会心の走りを振り返った。

 1Km4分のペースで「途切れない沿道の歓声に応えながら楽しく走れた」という船津さん。しかし、昨年の大会で優勝後、小田原代表に初選出された2月の神奈川駅伝で足と腰を故障。以降、月400Kmの練習を継続したが不振に悩まされ、「どこをどうしていいのかわからなかった」と、走ることが嫌になった時期もあったという。

 そんな時に支えになったのが所属する小田原ナイトランナーズの仲間の励ましだった。「気持ちが乗らずに練習で走る本数を減らしたが、仲間の激励に助けられた」と秋口から調子を取り戻すと、直前の丹沢湖マラソンで優勝。掴んだ手応えを力に変えた。

東京マラソンに初挑戦

 昨大会で記録した自己ベストを2分上回るタイムでの優勝に喜びの表情を浮かべるが、「本当は2時間50分を切りたかった」と悔しさもにじませる。

 だが、10月のトライアルレースで自ら出場権を勝ち取った来年2月の東京マラソンをリベンジの舞台にする。「招待選手も多く出場する中で、どこまで自分の走りができるか楽しみ」とさらに勢いを加速させるつもりだ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ひとり親家庭でニーズ増

フードバンク

ひとり親家庭でニーズ増 社会

県西での食品支援のいま

2月27日号

利活用事業者が再決定

小田原市豊島邸

利活用事業者が再決定 社会

企業向けテレワーク施設を計画

2月27日号

「食」テーマに活用を検討

小田原市清閑亭

「食」テーマに活用を検討 文化

民間事業者への貸付模索

2月20日号

3月16日に開通予定

栄町小八幡線

3月16日に開通予定 社会

迂回、大幅に短縮へ

2月20日号

事業者に独自支援金交付へ

小田原市

事業者に独自支援金交付へ 経済

国、県事業の対象外想定

2月13日号

市民意見受け計画修正

国府津駅周辺整備事業

市民意見受け計画修正 経済

ロータリー拡幅など反映

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク