湘南国際マラソン 船津さんがV2 自己ベストを2分更新

スポーツ

掲載号:2016年12月17日号

  • LINE
  • hatena
メダルを手に笑顔の船津さん
メダルを手に笑顔の船津さん

 12月4日に行われた「第11回湘南国際マラソン」のフルマラソン一般の部女子で市内在住の船津麻里さん(44歳)が2時間50分50秒のタイムで2年連続の優勝を果たした。

 一昨年のハーフ、昨年のフルに続き、今年もトップでゴールテープを切った。「もちろん優勝は狙っていました。プレッシャーもあったが、『よし、頑張ったな』という気持ち」と、2位の選手を8分近く引き離す会心の走りを振り返った。

 1Km4分のペースで「途切れない沿道の歓声に応えながら楽しく走れた」という船津さん。しかし、昨年の大会で優勝後、小田原代表に初選出された2月の神奈川駅伝で足と腰を故障。以降、月400Kmの練習を継続したが不振に悩まされ、「どこをどうしていいのかわからなかった」と、走ることが嫌になった時期もあったという。

 そんな時に支えになったのが所属する小田原ナイトランナーズの仲間の励ましだった。「気持ちが乗らずに練習で走る本数を減らしたが、仲間の激励に助けられた」と秋口から調子を取り戻すと、直前の丹沢湖マラソンで優勝。掴んだ手応えを力に変えた。

東京マラソンに初挑戦

 昨大会で記録した自己ベストを2分上回るタイムでの優勝に喜びの表情を浮かべるが、「本当は2時間50分を切りたかった」と悔しさもにじませる。

 だが、10月のトライアルレースで自ら出場権を勝ち取った来年2月の東京マラソンをリベンジの舞台にする。「招待選手も多く出場する中で、どこまで自分の走りができるか楽しみ」とさらに勢いを加速させるつもりだ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

乳がん検診啓発で勉強会

小田原ウイメンプラス

乳がん検診啓発で勉強会 社会

元プリプリ 富田さんら協力

10月23日号

地域活性に「ガンダム」

小田原市

地域活性に「ガンダム」 文化

マンホールカード、メダルも

10月23日号

腕時計端末で療養者支援

真鶴町・医療系2団体

腕時計端末で療養者支援 社会

自宅での計測値データ送信

10月16日号

「西側区域」整備へ

鬼柳・桑原地区工業団地

「西側区域」整備へ 経済

市が方針「企業誘致を推進」

10月16日号

牧島かれん氏が初入閣

牧島かれん氏が初入閣 政治

デジタル大臣に就任

10月9日号

エヴァ×箱根が金賞

アニメと異業種コラボ表彰

エヴァ×箱根が金賞 文化

観光による地方創生に評価

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の色彩偶然性を表現

自然の色彩偶然性を表現

NEW新九郎で「高木彩展」

10月20日~11月1日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook