戦国武将の史跡まとめる 市内矢作の大森さん

文化

掲載号:2016年12月24日号

  • LINE
  • hatena
11月に著書を出版した大森さん
11月に著書を出版した大森さん

 市内矢作在住の大森文夫さん((株)大広社会長)がこのほど、戦国武将の古戦場や終焉の地をまとめた『戦国武将〜古戦場・廟所・辞世の句〜』を出版した。

 著書には、大森さんが選び抜いた52人の戦国武将が登場。表紙には「一番のお気に入り」と話す織田信長ゆかりの安土城の階段が、裏表紙には地元の小田原城が使用されている。

全国各地を自力で巡る

 大森さんは「戦国動乱の時代を華々しく活躍した武将の古戦場を見てみたい」というかねてからの思いを実現すべく、2年7カ月ほど前から全国行脚を開始した。秋田県を皮切りに終着点とした鹿児島県まで各地の城や武将が眠る墓、ゆかりの地など、すべて自力で巡り、撮り貯めた写真は1万600枚に上った。旅先では「バスが一日2本しかない」「地元の人ですら場所がわからない」など苦戦を強いられることも多々あったという。

 「名将ともなれば全国各地に墓が存在する。堂々とおおらかな石塔やひっそりと野に埋もれた墓石などから、戦国時代の武将の面影を偲ぶことができた」と振り返る。

 本文の執筆から写真のレイアウトまで編集作業もすべて手作業。なかでも「憧れている」と巻頭を飾った織田信長には、28ページを割く力の入れようだ。

 大森さんは「命を全うした人より、残酷な死を遂げた人に歴史の魅力を感じる。掘り下げていけばいくほど男らしさを感じる武将もいて、全国を辿ってなんとか仕上げることができた」と本にまとめられたことを喜んだ。

読者プレゼント

 「戦国武将」を10人にプレゼント。はがきに住所、氏名、年齢、電話番号、紙面の感想を明記し、〒250―0042小田原市荻窪306タウンニュース社「戦国武将係」まで。12月28日(水)必着。

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

移転・改称し敷地も拡大

国府津駅前郵便局

移転・改称し敷地も拡大 社会

建物のバリアフリー化も

3月28日号

特殊詐欺を未然に防止

特殊詐欺を未然に防止 社会

静中小田原支店に感謝状

3月28日号

新たに2店舗を認定

箱根町

新たに2店舗を認定 経済

景観まちづくり協力店

3月28日号

50年来の縁で寄贈

50年来の縁で寄贈 社会

潮音寺からフードバンクへ

3月28日号

ケーブルカー、運行を再開

ケーブルカー、運行を再開 社会

強羅駅─早雲山駅

3月28日号

「シンプルな葬儀」専門施設

西湘地区で唯一

「シンプルな葬儀」専門施設 文化

3月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク