小田原版 掲載号:2017年1月28日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「私という存在は、肉体より日記の中にあった」 小野友貴枝さんの日記集『夢半ば』

 1955年8月13日、栃木の民家の片隅で16歳の少女が日記にこう綴った。

 「今の世の中は、何もかも男の人の職業ばかり。洋裁師も料理人も舞踊家も。だけど女は子どもを産むだけではいけないのだ。女の持つやさしさで国を明るくしなければ」

 彼女はその後、東京・神奈川の看護学院で学び、小田原、秦野、平塚等で保健師として活躍。結核や精神病を患う人やその家族の声に耳を傾け、地域の保健福祉に貢献していく―――。

 秦野市在住の小野友貴枝さん(77)。中学時代から62年間書き続けた日記をまとめ『夢半ば』((株)文芸社/全4巻)を今月出版した。

 同書のページを開くと、当時の心境が生き生きと伝わってくる。両親の他界や貧困に負けず学び続けた青春時代、母としての喜び、共働きの苦労。保健師としてのキャリアを積みながら自身に問い続ける、職業人としてのあり方。小説家としての夢。

 そして、それぞれのページの主人公は、読み手が抱える日常のトゲをそっとほぐしてくれる。働きながら子育てする女性に「生きる姿勢を見せればいいのよ」と励ましの言葉を贈り、年を重ねる人へ「まだまだ楽しめるわ」と元気を伝えるように。

 だからこそ、彼女は日記を書き続けてきた理由をこう語るのではないだろうか。「私という存在は、肉体より日記の中にあった」

 同書は市内書店で販売中。

『夢半ば』全4巻(文芸社 1200円税別)カバー画は秦野市在住の水代 霙さん
『夢半ば』全4巻(文芸社 1200円税別)カバー画は秦野市在住の水代 霙さん
高校時代の小野さん(左)
高校時代の小野さん(左)

株式会社 文芸社

TEL:03-5369-3060

2018年8月21日分譲開始!

富士山と相模湾が一望できる、小学校至極全28区画

http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/

<PR>

小田原版のピックアップ(PR)最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

8月24日「小田原場所」

夏休みの最高の思い出に

8月24日「小田原場所」

8月24日~8月24日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク