文豪が愛した曽我 名所巡る文学散歩を開催

社会

掲載号:2017年2月4日号

  • LINE
  • hatena
著書『虫のいろいろ』の一節が刻まれた尾崎一雄文学碑
著書『虫のいろいろ』の一節が刻まれた尾崎一雄文学碑

 小田原の文学に光と風を送る会(田中美代子代表)が2月17日(金)、曽我の文学にちなんだ石碑や名所などを徒歩で巡る「文学散歩」を開催する。午前10時から正午まで。

 1937年に著書『暢気眼鏡』で芥川賞を受賞した尾崎一雄は、足柄下郡下曽我村谷津(現・市内曽我谷津)に代々住む家に生まれた。文化勲章も受章するなど、市の文化向上にも大きく貢献。こうした功績がたたえられ、81年には一雄の祖父の代まで神官を務めていた宗我神社の鳥居脇に文学碑が建立された。

 戦後のベストセラーで、太宰治の代表作『斜陽』。東京の事業家が下曽我に建てた別荘「雄山荘」が舞台で、本文中には曽我の梅林を描写したと思われるくだりもある。太宰の愛人も暮らした建物は惜しくも2009年暮れに焼失してしまったが、その跡地も文学散歩のコースに含まれている。

 世の中にセンセーションを巻き起こした作品を生んだ曽我について、「永遠と続く文化が染み込んでいる地域」と田中代表。「春の訪れを一番早く知らせてくれる梅に、人は人生の色々な記憶をよみがえさせられる。だからこそ、作家はこの地域を愛したのでしょう」

 参加無料。雨天中止。参加希望者は田中代表【電話】0465・24・0781、福田さん【携帯電話】090・3095・2385へ。

太宰治の『斜陽』のモデルになった雄山荘の跡地
太宰治の『斜陽』のモデルになった雄山荘の跡地

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「業務にスピード感を」

「業務にスピード感を」 政治

守屋新市長が初登庁

5月30日号

町立施設運営再開へ

町立施設運営再開へ 文化

箱根町

5月30日号

会派構成を変更

会派構成を変更 政治

小田原市議会

5月30日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月30日号

「ママの就労」ヒントを学ぶ

市内NPO

「ママの就労」ヒントを学ぶ 教育

オンラインで講座など

5月30日号

EVシェア 運用開始

EVシェア 運用開始 経済

小田原エリアで「eemo」

5月30日号

(株)三和消毒

巷が緊急事態宣言発令中でもシロアリはやってくる

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク