福島県双相地方へパネルの寄贈を企画し、自ら届け続ける 北村 千波さん 前川在住 44歳

掲載号:2017年3月25日号

  • LINE
  • hatena

笑顔の先にある未来

 ○…常に緩やかなカーブを描く口角と目尻。どんな会話の語尾もいつしか笑いに変わっている。辛いこと、悲しいことはあるはずなのに、それをも包む強さがある。「東北の人に笑顔を」と願い、教え子たちと作ったパネルをこれまでに3度、自ら福島に届けた。一緒に刷毛を握った生徒からは「実体験があるから話が面白い」と言われる行動派。3月18日、4年前から通い続ける南相馬市小高区に”最新作”が設置された。

 〇…4つ上の兄たちに交じり探検や木登りをする活発さと、一世を風靡したリカちゃん人形の衣類を手縫いする、細やかな一面を併せ持った幼少期。ピンク・レディーや松田聖子など、アイドルのモノマネも得意な明るい女の子だった。18歳でマーチングチーム「横浜インスパイヤーズ」のオーディションを受け、入隊。団結して作り上げる楽しさと達成感に魅せられ、青春をかけた。

 〇…教員一家の親戚の中でとりわけ熱血の伯父に影響を受け、幼稚園ですでに教師の職を夢見ていた。服飾系の大学へ進み、家庭科の教員免許を取得。着任に伴い平塚へ、バンド活動を通じて出逢った夫と結婚し2人の男児に恵まれた。

 〇…震災翌年の2月、肌着や調味料を詰めたスーツケースを持って、バスで初めて福島県を訪れた。「映像と自分の目で見るのとは大きく違った」光景に言葉を失いながらも、月に1度のペースで通った。人好きの性分からすぐに現地の人と親しくなり、以来”買う・食べる”支援を続けている。取材の日も、産業創生に取組む女性たちが作った絹糸製のイヤリングが耳元に揺れていた。

 〇…次男の病をきっかけに2年前から伸ばし続ける髪は、まもなく腰に届く。病気で髪を失った子どもたちのために髪を寄付する、ヘアドネーションを目指している。この先の人生も「笑顔で明るく生きたい」。語尾にはやっぱり、楽しさを含んでいる。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

牧野 澄世さん

2022年度小田原箱根商工会議所青年部(YEG)会長に就任した

牧野 澄世さん

小田原市早川在住 49歳

5月14日号

佐藤 伸也さん

(株)湘南ベルマーレフットサルクラブの代表取締役社長に4月、就任した

佐藤 伸也さん

藤沢市在住 45歳

5月7日号

纐纈(こうけつ) 仁志さん

4月1日付で真鶴町の教育長に就任した

纐纈(こうけつ) 仁志さん

小田原市浜町在住 60歳

4月30日号

小室 充孝さん

神奈川県弁護士会県西支部長に就任した

小室 充孝さん

小田原市久野在住 57歳

4月23日号

荒井 範郎さん

4月1日付で神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

荒井 範郎さん

横浜市在住 58歳

4月16日号

中嶋 順さん

(一社)かながわ西観光コンベンションビューローの専務理事を務める

中嶋 順さん

小田原市板橋在住 51歳

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook