薄紫のカーテン守れ 御感の藤に鳩よけネット

文化

掲載号:2017年4月22日号

  • LINE
  • hatena
上)藤の生育を見守る二見さん/下)現在、花房は10cmほど=4月18日
上)藤の生育を見守る二見さん/下)現在、花房は10cmほど=4月18日

 花房が10cmほどに育った城内の御感の藤に4月10日、鳩よけのネットがかけられた。生育途中の花芽が食べられるのを避けるためで、ネットは田畑で稲や農作物を守るために使うものと同じタイプ。幅14メートル、長さ約20メートルにわたり藤を覆うように柔らかな花房を守っている。

 小田原城総合管理事務所の二見典克さん(51)によると、鳩対策を始めたのは5年ほど前から。藤棚に隣接する駐車場にいた小田原ガイド協会の会員が、花芽をむさぼる鳩に気付いた。報告を受けた二見さんが現場に向かうと、駐車場側の花芽がきれいに無くなっていた。インターネット等で原因を調べた結果、5cmほどの固い花芽が柔らかくなり始めたところを狙っての”犯行”と推定。ネットでの保護を始めた。

 例年4月下旬から5月の大型連休中に見ごろを迎える御感の藤。今年は3月下旬から4月初旬の天候不良のせいか、生育は「ややゆっくりめ」とのこと。ネットは花芽が20cmほどになり、薄紫の花が咲き始めるころに外す予定だ。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook