船長3人、人命救助 海上保安署から感謝状

社会

掲載号:2017年4月22日号

  • LINE
  • hatena
感謝状をもつ久保田さん(右)と湯川さん(左)。中央は和田署長
感謝状をもつ久保田さん(右)と湯川さん(左)。中央は和田署長

 湘南海上保安署(藤沢市・和田聡明署長)は4月13日、小田原漁港防波堤から海中へ転落し、漂流していた人を発見・救助した3人に対して、市漁業協同組合で感謝状を授与した。

 救助者は、第一ちどり丸船長の久保田源太郎さん、第一弘美丸船長の湯川幸次さん、第五浩丸船長の伊与田工さん。

 漂流者の発見は4月1日の午前7時頃。この日、早朝からいつも通り客を船に乗せ、遊漁をしていた湯川さんは、乗船客から「前から人が近づいてくる。『助けて』と言っているよう」との話を聞き、漂流者に近づいた。漂流者は浮き輪をしており、湯川さんが乗船を促すと「もう無理だ。体が動かない」などと発したため、港にいた久保田さん、伊与田さんに連絡を取り、2人は救助船で現場に駆け付けたという。

 和田署長は救助者に対して「4月初旬のまだ水温が低い海で、救助が遅くなれば命をなくすところだった。

素早い救助は大変ありがたかった。これからもぜひ協力してもらいたい」と労をねぎらい感謝の意を表した。久保田さんと湯川さんは仕事上、海難事故に遭遇する機会もあり「救えるもんなら救ってやりたい。人命を守ることが第一」と振り返った。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

輝きに満ちた作品100点

輝きに満ちた作品100点 文化

アール・ド・ヴィーヴル展

10月24日号

満開の秋桜を「どうぞ」

満開の秋桜を「どうぞ」 文化

11月1日 一夜城で摘み取り

10月24日号

小田原と歌舞伎の歴史

小田原と歌舞伎の歴史 文化

UMECOで展示

10月24日号

音楽室机に抗菌マット

音楽室机に抗菌マット 社会

(株)スズキ 酒匂中へ寄贈

10月24日号

恐竜ワールドにご案内

恐竜ワールドにご案内 教育

J:COMがオンライン授業

10月24日号

地元ゲームを惜敗

地元ゲームを惜敗 スポーツ

Fリーグ湘南ベルマーレ

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク