東京五輪事前合宿 ブータンと正式協定 城山競技場などが練習地に

スポーツ

掲載号:2017年4月22日号

  • LINE
  • hatena
加藤市長やワンチュク王子(右から2番目)らが出席
加藤市長やワンチュク王子(右から2番目)らが出席

 3年後の東京オリンピック・パラリンピックでブータン王国の事前キャンプ地が県内に決まったことを受け、誘致にあたった県と関係自治体などが13日、横浜市内で同国五輪委員会会長のジゲル・ウゲン・ワンチュク王子と協定を結んだ。

 締結式には、黒岩祐治県知事と小田原・箱根・大磯の3市町長、学校法人などを運営する星槎グループの宮澤保夫会長が出席した。黒岩知事は「おもてなしの心を持ってしっかりと支えたい」と挨拶。加藤憲一市長は「心の豊かさや幸せを大切にしている点で尊敬すべき国。五輪の成功にとどまらず、末永くブータンとの友好が続くことを祈っている」とし、城山陸上競技場が改修を終えたことにも触れ「すばらしい緑のフィールドを含め、生まれ変わった施設で選手の皆様をお迎えしたい」と述べた。

 一方のワンチュク王子は「施設環境がとても整っていて立地も良かった」と、昨年の候補地視察で好印象を持ったと説明。「スポーツを通じて、両国の間でより素晴らしい関係が生まれることを願う」と語った。

選手団は15人想定

 ブータンは陸上とアーチェリー、射撃競技で東京五輪出場を目指しており、選手団は15人ほどの規模を想定しているという。昨年のリオデジャネイロ五輪では、射撃とアーチェリーに1人ずつ選手を送り込んでいる。

 選手の滞在中、受け入れる自治体ではさまざまな交流を実施予定。「ブータンの選手を応援することで生まれる友情が、両国間の友好の太いパイプになる」と黒岩知事は期待を込めた。

 県内での事前キャンプ実施国は、エリトリア国と英国、リトアニア共和国に続き4カ国目。小田原は、エリトリアに続いて2カ国目となった。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

公立2病院が基本協定

公立2病院が基本協定 社会

地域医療構想実現へ連携

10月31日号

秋酒あじわい巡りに500人

秋酒あじわい巡りに500人 社会

参加者同士の交流も

10月31日号

キャラ自由帳で笑顔に

ゆがわらハロウィン実行委員会

キャラ自由帳で笑顔に 教育

町内の児童、生徒に寄贈

10月31日号

市民会館でオケ鑑賞

市民会館でオケ鑑賞 文化

小田原フィル定期演奏会

10月31日号

「好き」と「スキル」を仕事に

「好き」と「スキル」を仕事に 社会

mama Job サミット

10月31日号

さよならコンサート 

さよならコンサート  文化

小田原音楽連盟

10月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月31日号

お問い合わせ

外部リンク