ネイティブを肌で感じて カリフォルニアとの青年交流事業 参加者募集

文化

掲載号:2017年4月22日号

  • LINE
  • hatena

 小田原市の姉妹都市・米国カリフォルニア州チュラビスタ市に青年を派遣し、ホームステイや体験を通じた国際交流を行う海外姉妹都市青年交流事業。今年は7月28日〜8月22日までの間で交流生とともに両国に交互滞在。現在、この事業の参加者を募集している。

 対象は男女問わず市内在住、在学、在勤の18〜28歳の青年。交流プログラムを体験しながら、基本生活はホームステイ先の家族と過ごす。買い物に行ったりバーベキューをしたりと唯一無二の体験だ。また、小田原市の代表として現地市長への訪問や市議会で英語スピーチするなど、日常会話程度の英語力が備わった上で、さらに発展を目指す人にはとても充実した時間が待っているだろう。

 ネイティブを肌で感じられるまたとない体験。ともに過ごす同世代の交流生との絆は一生ものになる。

 募集人員は4人。希望者は市文化政策課(【電話】0465・33・1703)などにある申込書に志望動機などを記し提出する。応募締切は5月12日(金)。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「カホン」作って叩こう

大村楽器店

「カホン」作って叩こう 文化

小田原の間伐材利用

10月17日号

新生児に10万円

湯河原町

新生児に10万円 社会

コロナ対策で独自支援策

10月17日号

寄付

寄付 社会

10月17日号

箱根の魅力を全国に

箱根の魅力を全国に 経済

温泉総選挙にエントリー

10月17日号

密避け呼びかけ

密避け呼びかけ 社会

赤い羽根共同募金

10月17日号

規模縮小し継続開催へ

箱根大名行列

規模縮小し継続開催へ 文化

今年は疫病退散を祈願

10月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク