小田原版 掲載号:2017年5月6日号
  • googleplus
  • LINE

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える あっとほーむデスク 5月6日0:00更新

 耳目、怒り、琴線。共通する、後ろに続く言葉は―「触れる」です。4年前、長唄奏者の杵屋響泉さんを取材したとき、最後に手を握らせてもらいました。99歳とは思えぬ、柔らかで温かな手。今も記憶に残ります。

 今週紹介した足柄刺繍の上田菊明さんは、よく手入れされた庭の木々を説明しながら門の外まで見送ってくれた別れ際、「握手をしましょう」と言いました。冷え症のためこの時期でもひんやりする手を、申し訳なく差し出しました。短い取材の時間で、その人の人生の一端に触れさせてもらう。記事にするときには温度のある言葉で伝えたいと、毎週奮闘しています。 (ゆ)

2018年8月21日分譲開始!

富士山と相模湾が一望できる、小学校至極全28区画

http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/

<PR>

小田原版のあっとほーむデスク最新6件

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

6月2日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

5月26日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

5月19日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

4月14日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

2月3日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

11月11日0:00更新

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

8月24日「小田原場所」

夏休みの最高の思い出に

8月24日「小田原場所」

8月24日~8月24日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク