生活に溶け込むアート展 ハルノキで5月28日まで

文化

掲載号:2017年5月13日号

  • LINE
  • hatena
(上)店内と石井さん(左下)『闇かまぼこの取引』(右下)絵本と木の玉
(上)店内と石井さん(左下)『闇かまぼこの取引』(右下)絵本と木の玉

 今年で11回目を数える市民のアート作品展示イベント「丹沢アートフェスティヴァル」。市内飯田岡の野菜料理店・ハルノキでは小田原出身、現在はカナダ在住のアーティスト・きむらさえさんの「イラストあれこれ展」が開催されている。同店の石井美帆さんはきむらさんを幼い頃から知り、「いつか彼女の作品を展示したい」とアートフェス参加5回目にして念願かなった。人や自然を題材にクラフト紙にインクで書かれたイラストや、木の玉に描いたもの、コラージュ、刺繍、人形や絵本など約20点が漆喰の壁や山桜の床材で作られた自然素材の店内に飾られている。

 きむらさんは高校卒業後、世界各国を訪れ、作品の随所に様々な国の影響が見られる。小田原を題材に魚を擬人化したイラスト『闇かまぼこの取引』もある。独特の世界観を持った作品のなかで、石井さんが「彼女らしい」というのは色を使った作品。水彩やアクリル絵の具、色鉛筆で美しく着色された作品をうれしそうに見せてくれた。

 作品は既視感を感じながらも、オリジナルの1点もの。クラフト紙の破りあとがそれを物語る。木の玉は全てイラストが違い、うち4つは既に買い手がついているという。石井さんは「アーティストたちの表現を受け入れてもらう草の根の一環ですね。アートを特別なものではなく、身近に感じてもらいたい」と話した。

 展示作品は購入も可。開催は5月28日(日)まで。月曜休廊、火、水は要予約。問い合わせは同店【電話】090・2146・5516へ。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

エコバッグ作りませんか?

飲食店の皆様へ

エコバッグ作りませんか? 社会

9月19日号

子どもにも「行きつけ」を

子どもにも「行きつけ」を 文化

日常の居場所担う駄菓子店

9月19日号

相洋なでしこが初陣

相洋なでしこが初陣 スポーツ

情熱でゼロから道拓く

9月19日号

レトロな街中を撮影(ハント)

レトロな街中を撮影(ハント) 文化

ハッシュタグで投稿

9月19日号

CF(クラウドファンディング)で資金支援募る

ベルマーレ

CF(クラウドファンディング)で資金支援募る スポーツ

新型コロナで赤字の見通し

9月19日号

惜しまれて、閉館イベント

旧片浦支所

惜しまれて、閉館イベント 社会

有効活用を希望する声も

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク