泥臭く全力疾走 日本新薬(株) 田村秀生さん

スポーツ

掲載号:2017年8月26日号

  • LINE
  • hatena
想いのこもった一球を投じる田村氏
想いのこもった一球を投じる田村氏

 「自分の手からボールが離れるまで、一球一球責任を持って投げよう」。しきりにそう話すのは日本新薬硬式野球部元監督の田村秀生さん(47)。8月初旬。小田原市、足柄下郡の12中学校のバッテリーを中心に小田原球場で野球教室を開き、今年で4回目を迎えた。

 投手、コーチ、監督として21年間に渡り、戦い抜いた硬式野球部を退いたのは今から4年前。現役時代はエースで全国ベスト8、アジア大会日本代表、シドニー五輪アジア地区予選日本代表候補にも選出された。監督に就任すると選手には「行動の指針」と題した自らの考えを示し、「組織と役割を理解する」、「思いやる」、「逆境に強い組織に」、「行動に意味を持たせ、志を持つ」、「今やるべきことを明確に」、「社会の一員として社会貢献すること」を野球を通じ、実践することを説いた。「失敗ばかり。ほんまに苦しかった。選手、監督としてもそう。監督で孤立したときコーチの存在が大きかったな。ありがたみもよく分かった」。現在は小田原総合製剤工場で唯一の野球部出身者として勤務。「野球から離れたその後の人生が大事。それは選手にも伝え続けた。私の行動一つで野球部の責任が問われる。だから一生懸命やる」。その姿勢に一切の揺るぎはない。

セカンドステージでも全力プレー

 横浜DeNAベイスターズのレギュラーで活躍する倉本寿彦内野手(26)も教え子の一人。「田村さんの人間力に魅かれて入社を決めた。だいぶ怒られましたよ。野球はもちろん、一社会人として教えられた一つひとつが当てはまることばかり」と日本新薬で過ごした2年間を糧に、2年連続クライマックスシリーズ進出へ向け、突き進む。

 「あの時に戻れと言われたらもう戻りたくないけどほんまに楽しかった」。田村さんはセカンドステージを着実に歩み、これからも子どもたちに熱い眼差しを送るつもりだ。

DeNA倉本寿彦内野手
DeNA倉本寿彦内野手

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

天守閣に冬の灯火

天守閣に冬の灯火 文化

児童らのちょうちん展示

12月4日号

2年ぶりのコンサート

小田原少年少女合唱隊

2年ぶりのコンサート 文化

クリスマスの曲を披露

12月4日号

人命救助に感謝状

小田原市消防本部

人命救助に感謝状 社会

12月4日号

ジオラマの街で「出発進行」

ヒルトン小田原

ジオラマの街で「出発進行」 文化

クリスマス・トレイン

12月4日号

プロが感じる県西の魅力

プロが感じる県西の魅力 社会

11日(土)にシンポジウム

12月4日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook