インターハイの軌跡(後) 来年へ光 2位、2位、2位 相洋高陸上部

スポーツ

掲載号:2017年8月26日号

  • LINE
  • hatena

 南東北を舞台に熱戦が繰り広げられた全国高校総体(インターハイ)に、小田原からも多くの選手が出場。山形県天童市で7月29日〜8月2日に行われた陸上競技では、相洋勢が銀メダルを3個獲得した。

 相洋高陸上部が、今年も優勝争いに加わった。主力は1・2年生。来年以降に向けて、明るい光がチームを照らした。

 400mのメルドラム・アラン君(2年)は、大舞台でもマイペースを崩さない。「いつも通り、焦らず」。普段の練習から考えながら取り組む182cmのスプリンターは、予選、準決勝を突破し決勝へ。大きなストライドで中盤からぐんぐん加速し、2番目に最終コーナーを抜ける。「追いつけそうで追いつけなかった」と最後の粘りも届かず2位でゴールした。2年生ながら全国2位。「自分でもびっくり。やったー」とおどけるも、優勝した森周志君(北海道栄高)が同じ2年だったことを知ると驚きを見せた。「3年生だと思っていたので…。意識はしないけれど、やっぱり負けたくないのかなぁ」。ライバルを認識したメルドラム君だが、「考えすぎると走るのに邪魔。来年もがんばります」と淡々と話した。

高1歴代最高

 1年生で全国にやってきた800mのクレイ・アーロン・竜波君(1年)は、鮮烈なインターハイデビューを飾る。1分53秒99の自己ベストを、予選でも、準決勝でも更新。さらに記録を伸ばした決勝は、大会前に磨いてきたラストスパートで上級生を次々とかわして2位に。1分50秒67。高校1年生の歴代最高記録を28年ぶりに塗り替えた。額に汗をにじませながら、「すごいですね」と笑顔を見せたクレイ君だが、浮かれる様子はない。「1番我慢した人が勝てる種目。我慢したけど、それよりも我慢した人がいた」と悔しさが同居した。「全国制覇を狙ってまた練習していきたい」

 女子では、4×400mリレーで会場を沸かせた。4連覇した東大阪大敬愛高に、1・2年で挑んだ相洋が3走の途中までリード。終盤は女王が強さを見せたが、相洋は順位をそのままキープして準優勝した。

 3走で首位を譲った田井遥さん(2年)は泣いた。「あっさり抜かれて自分の実力不足」。田井さんが肩を落とす一方で、他のメンバーは手応えも掴んだ。アンカーの高島菜都美さん(2年)が「来年優勝するためのレースができた」と言えば、妹の咲季さん(1年)や合田陽菜さん(2年)は「来年は絶対優勝します」と言葉に力を込めた。

伝統つないだ3年生

 インターハイで下級生が躍進した背景には、強豪校の伝統をつないできた3年生の存在がある。

 女子唯一の3年生としてチームを牽引した竹内花梨さんは、4×100mリレーで自身初の全国大会を駆け抜けた。「先輩から継いだ伝統を壊さないようにやってきた」と決勝に進めず涙がとまらない竹内さん。それでも全国の舞台を「楽しかった」と振り返った。男子4×400mリレーの飯田健人君や米川航君も、意地の走りで4位入賞に貢献。「自分たちは強くなかったけれど、後輩たちは強い」と飯田君は話し、米川君は「今後はサポートしてあげたい」と想いを託す。

 将棋の駒づくり日本一の天童市で、1・2年生が掴んだ銀メダル3つ。来年の日本一へ、王手はかけた。

山内滉士郎君(旭丘3年)悔しさで得た夢への覚悟

 「まったく歯が立たない、ボロ負けです」。3000m障害で旭丘高陸上部初のインターハイ出場を成し遂げた山内滉士郎君(3年)は、レース後潔くこう振り返った。

 県、南関東と自己ベストを塗り替え、勢いに乗っていた。序盤からイーブンペースを刻み、ラスト1000mから出る展開を想定し「決勝には残れるだろう」。だが全国の壁は想像よりはるかに高かった。集団での駆け引きに呑まれ、後半勝負するだけの気力も走力も残せず失速。9分21秒02とベストを上回れず、予選で姿を消した。

 レース後、強豪校の練習内容を聞き、痛感した力の差。「量も質も違う。このままでは通用しない」。箱根路を駆ける夢のため、インターハイで得たのは”覚悟”。完敗、ここが新たなスタートラインだ。

牧野莉花さん(城北工3年)恩師を最後の大舞台へ

 「出場選手が多い分、これまで出場した大会よりもピリピリ感があった」。どんな大舞台にも物怖じしないタイプだが、高校スポーツ最高峰の大会とあって、無意識ながらも平常心が失われた部分があったのだろうか。「いつもの記録が全然でない。周りの雰囲気に負けてしまったのかな」としんみり。ハンマー投げで自己ベストに約3m及ばす、41m98で31位に終わった。

 だが、大きな成果もある。今年度で定年退職を迎える顧問の鈴木充教諭を、最後のインターハイへ連れていけたことだ。秘めた才能を見抜いて陸上部へと誘った鈴木教諭は、「やっぱり特別な雰囲気があった。ごくろうさんとしか言いようがないです」。

4×400mリレーのメンバー
4×400mリレーのメンバー
飯田君から米川君へ3年生リレー
飯田君から米川君へ3年生リレー
女子主将の竹内さん
女子主将の竹内さん
山内滉士郎君(旭丘3年)
山内滉士郎君(旭丘3年)
牧野莉花さん(城北工3年・右)と鈴木充教諭(左)
牧野莉花さん(城北工3年・右)と鈴木充教諭(左)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

ヒメマスの増殖を体験

ヒメマスの増殖を体験 教育

箱根の森小が採卵学習

11月27日号

努力で掴んだ全国優勝

努力で掴んだ全国優勝 スポーツ

前羽小、北村大芽君

11月27日号

8秒の間隙 首位攻防制す

ベルマーレフットサル

8秒の間隙 首位攻防制す スポーツ

猛攻はね返し ホーム無敗

11月27日号

クリニック併設 安心の住まい

クリニック併設 安心の住まい 社会

施設見学随時受付中

11月27日号

浅田政志さん 小田原を撮影

浅田政志さん 小田原を撮影 文化

1月 三の丸ホールで展示

11月27日号

野外で歌やダンス披露

ポールスターフェス

野外で歌やダンス披露 文化

本日 湯河原で初開催

11月27日号

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook