扇の要 甲子園4強導く 東海大菅生 鹿倉凜多朗君

スポーツ

掲載号:2017年9月2日号

  • LINE
  • hatena
初めてサインをしたボールを手に微笑む鹿倉君
初めてサインをしたボールを手に微笑む鹿倉君

 「追いついたら勝てると思っていた」。第99回全国高校野球選手権大会(甲子園球場)の準決勝(8月22日)。東海大菅生(西東京)は4強まで勝ち上がり、花咲徳栄(埼玉)と対戦し、9回裏に同点に追いつくも延長11回の末、6―9で敗れた。

 マスクの奥には凛々しい顔立ち。鹿倉凜多朗捕手(鴨宮中出身/3年)が甲子園でも試合を支配した。「緊張したのは初戦(高岡商)の入りだけ」。連日4万人超えの大観衆を背に、扇の要を全うした。「仲の良い」エース松本健吾投手(3年)と阿吽の呼吸を見せ、打っては2回戦の青森山田戦で2安打を放つと「1本出てほっとした」と微笑んだ。

 相手の足を使った攻撃にも鍛え上げた強肩が唸りを上げ、行く手を次々と阻む。全国4強へと導くも「ここまで来たら優勝したかった」と心の底には悔しさが残る。準決勝後には秦野リトルシニア時代から「辛い時こそ支え合った」主将・小玉佳吾内野手(3年)に「6年間、ありがとう」と伝えた。

 2年前、西東京大会決勝で先輩たちが逆転負けを喫し、あと一歩で甲子園出場を逃した姿をスタンドから目に焼き付けた。「この中でやってみたい」と胸を高鳴らせた。

 寮生活を送る部員は全体練習後、消灯時間の午後11時以降も自主練習に励んだ。春の都大会ベスト16敗退を機にメンバーも次第に増え、毎晩のように時計の針は深夜1時を指したが、チームは自然と同じ方向を向いた。

 そして、迎えた最後の夏。同じ舞台で早稲田実との決戦。「全く恐れることはなかった。菅生の大声援が力になった」と西東京代表の座を掴み取り、甲子園で見せた底力。「人生で一番の夏でした」。2年半、グラウンド内外で指示を出し尽くしたその声は擦れていた。

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

宇津木妙子さん 熱血指導

元日本代表監督

宇津木妙子さん 熱血指導 スポーツ

ソフトボールサミット

12月7日号

中河与一を偲ぶ

中河与一を偲ぶ 文化

 東泉院で夕顔忌

12月7日号

全国のお城が大集合

全国のお城が大集合 文化

 12月21日・22日、横浜で

12月7日号

災害時に相互協力

災害時に相互協力 社会

JC、町、社協が協定

12月7日号

ツリーと記念写真

ツリーと記念写真 経済

25日まで 強羅公園

12月7日号

開けて楽しいおすすめ本袋

いまなお残る流木、ごみ

台風19号

いまなお残る流木、ごみ 社会

酒匂川土手や海岸に散乱

12月7日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク