誰でも楽しめる車椅子バスケ 城北中生が体験

スポーツ

掲載号:2018年1月6日号

  • LINE
  • hatena

 城北中学校で昨年12月13日、かながわパラスポーツ理解促進事業が全校生徒を対象に実施された。

 当日は関東車椅子バスケットボール連盟加盟チームの選手5人が来校し、競技説明や生徒と一緒に試合をするなどして理解を深めた。同連盟の強化育成部事務局の横瀬英里子さんは「アイテムさえあれば障害がなくても楽しめるスポーツ。障害はタブー視されることもあるが、不自由は問題じゃない。気軽に声をかけ、手伝うという心のバリアフリーが大事」と話した。

 テニス部の小林信勝君(1年)は骨折した時に車椅子を経験。競技は「普通の車椅子より小回りが利いた。難しかったけど楽しかった」と笑顔で話した。

 この日は栢山在住の長田龍司さん(42・写真中ボール保持者)も指導した。「地元の学校にお伺いできる機会が少なくて。でも、もっと小田原の学校に行って、浸透させていきたい」と同じ小田原っ子たちとボールを追いかけていた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

暮らしに寄り添う木の器

暮らしに寄り添う木の器 文化

清閑亭で挽物二人展

11月28日号

「焦らず、後ろ歩きで逃げて」

「焦らず、後ろ歩きで逃げて」 教育

曽我小 イノシシ対策教室

11月28日号

福井泰代さん

福井泰代さん 文化

(株)ナビット 代表取締役

11月28日号

目標を持って努力する3年間

目標を持って努力する3年間 教育

林忠校長にインタビュー

11月28日号

祝福を込めてデザイン

祝福を込めてデザイン 文化

美術部 井上理杏さん

11月28日号

英語を通じて育む総合力

英語を通じて育む総合力 文化

城内入学・小田高卒の教諭 甲斐大貴さん

11月28日号

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月28日号

お問い合わせ

外部リンク