誰でも楽しめる車椅子バスケ 城北中生が体験

スポーツ

掲載号:2018年1月6日号

  • LINE
  • hatena

 城北中学校で昨年12月13日、かながわパラスポーツ理解促進事業が全校生徒を対象に実施された。

 当日は関東車椅子バスケットボール連盟加盟チームの選手5人が来校し、競技説明や生徒と一緒に試合をするなどして理解を深めた。同連盟の強化育成部事務局の横瀬英里子さんは「アイテムさえあれば障害がなくても楽しめるスポーツ。障害はタブー視されることもあるが、不自由は問題じゃない。気軽に声をかけ、手伝うという心のバリアフリーが大事」と話した。

 テニス部の小林信勝君(1年)は骨折した時に車椅子を経験。競技は「普通の車椅子より小回りが利いた。難しかったけど楽しかった」と笑顔で話した。

 この日は栢山在住の長田龍司さん(42・写真中ボール保持者)も指導した。「地元の学校にお伺いできる機会が少なくて。でも、もっと小田原の学校に行って、浸透させていきたい」と同じ小田原っ子たちとボールを追いかけていた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook