小田原版 掲載号:2018年1月6日号
  • googleplus
  • LINE

特典ありの「自治会カード」発行 まずは北部 全市拡大も視野

社会

自治会加入世帯に配られる自治会カード。カードには所属連合会、自治会、世帯代表者名を記入する
自治会加入世帯に配られる自治会カード。カードには所属連合会、自治会、世帯代表者名を記入する
 小田原市自治会総連合(木村秀昭会長)は、1月9日(火)から自治会加入者が地元商店で割引などの特典が受けられる「自治会カードおだわら」を発行する。

 モデル事業として足柄、芦子、二川、久野、東富水、富水、桜井の市内北部7地区で実施する。目的は地域活性化と顔の見える関係づくりの促進。6月30日までをモデル事業の実施期間とし、検証後、2018年度中には全市的に事業を拡大する予定だ。

 カードは自治会加入者世帯に対し、1世帯1枚を発行。事業に協力する飲食店や美容院などで提示すると店指定のサービスが受けられる仕組み。所属する自治会以外にある店舗でも利用でき、カードは同一世帯であれば誰でも使用できる。

 モデル地区の世帯には自治会カードとともに連合会作成の事業説明と協力店舗が記された冊子が配布される。協力店舗はポスターを掲出する。モデル事業期間は6月30日までだが、サービスは7月1日以降も受けられる。同事業を行なっているのは東京都、埼玉県の4自治会連合会で、市地域政策課によれば県内では初。連合会は2015年、立川市自治会連合会の小田原視察での意見交換で、立川市の実施する同様のカード事業を知り、小田原での事業化に向け検討を始めた。翌年、立川市を視察。小田原市自治会総連合の4部会から1人ずつと正副会長からなるプロジェクトチームは具体協議を開始。世帯数や商店数の事前調査の結果、市内で最も個人商店の密度が低い北部ブロックをモデル地区に選定した。各自治会長は「1自治会1店舗の協力」を目標に5カ月をかけて個別訪問し、822の対象店舗のうち48店舗の協力を得た。

 小田原市の自治会加入率は76・9%。2007年の84%に比べ7・1ポイント減。「自治会加入のメリットは」との問い合わせに連合会は「防災、防犯などの安全対策の面から自治会活動を通じ顔の見える関係作りの必要性」を説明したが、わかりやすいメリットはこれまでなかった。

 実施にこぎつけた木村会長は「コミュニティの強化が目的。災害時には顔の見える関係作りが重要。加入メリットを見える化したことで自治会加入の後方支援になれば」と話した。

 問い合わせは事務局(市地域政策課)【電話】0465・33・1457へ。

協力店掲出ポスターと冊子
協力店掲出ポスターと冊子

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

北条氏の歴史紹介

北条氏の歴史紹介

ウメコでパネル展

4月3日~5月8日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク