小田原版 掲載号:2018年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

一般実業団 真鶴半島駅伝大会 相洋高OB優勝

スポーツ

真鶴駅から港方面に走る1区の先頭 緑が相洋OB
真鶴駅から港方面に走る1区の先頭 緑が相洋OB
 第61回真鶴半島駅伝が1月7日に開催され、計88チームの選手が冷たい海風を受けながらアップダウンの激しいコース(6区間)を駆けた。

 港や高台など半島を大きく巡る一般実業団の部(28・6Km・18チーム)では、相洋高OBチームが1区から独走。最終区では2位に8分ほどの差をつけ1時間31分45秒で優勝した。1市3町対抗では小田原が真鶴や箱根を制し優勝(1時間31分20秒)。中学女子の部(18Km・15チーム)では、国府津中が1時間8分59秒で1位となった。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

外国人へ日本語指導

外国人へ日本語指導

ボランティア養成講座開催

7月1日~7月22日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月16日号

お問い合わせ

外部リンク