小田原版 掲載号:2018年2月10日号
  • googleplus
  • LINE

安藤さんに新たな作風 「向日葵」と青の表現

文化

鉛筆で描いた向日葵と安藤さん
鉛筆で描いた向日葵と安藤さん
 永塚在住の画家、安藤ニキさん(33)がこのほど南町の清閑亭で個展を行った。2010年にデビューしてから、独自の空想世界「プルガダイス」に生きる人々を描き続けてきた安藤さん。今回はほかにも向日葵や森を描いた作品も数多く出展した。

 向日葵の作風は10年前からイメージしていたもの。お盆や終戦記念日がある8月に咲くことから、向日葵は「火宅の花」だという安藤さん。枯れた姿のまま石化し、永遠に立ち尽くしている様子に、「人の罪を背負っている姿」を連想するという。

 また、2016年からは青一色で世界観を表現する作品も増えてきた。油絵や鉛筆、ペンなど画材はさまざま。今後も「プルガダイス」をはじめ、「隣り合わせの世界」を描き続けていく。

青の向日葵シリーズ
青の向日葵シリーズ

2018年8月21日分譲開始!

富士山と相模湾が一望できる、小学校至極全28区画

http://www.town.yamakita.kanagawa.jp/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

8月24日「小田原場所」

夏休みの最高の思い出に

8月24日「小田原場所」

8月24日~8月24日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク