小田原版 掲載号:2018年2月10日号
  • LINE
  • はてぶ

少年サッカー 下曽我、全員で誓った初優勝 委員長杯6年生大会

スポーツ

委員長で優勝した下曽我TFVの選手たち
委員長で優勝した下曽我TFVの選手たち
 小田原サッカー協会第4種少年委員会が主催する「第14回委員長杯争奪ジュニアサッカー大会」(小学6年生)で、下曽我TFVが初めて頂点に立った。22チームが参加し、10月から熱戦を繰り広げてきた同大会。準決勝、決勝は1月28日に、富水小学校グラウンドで行われた。

 協会長杯、小田原カップともに準決勝でPK負けし、涙をのんできた下曽我。その悔しい経験から「必ず優勝しよう」と全員で誓い、大会に挑んだ。決勝の矢作SC戦では、前半14分に先制するも猛反撃を受け防戦一方に。「どんな状況になっても弱気にならず、自分たちのサッカーをしよう」という曽我和之監督の指示通り、選手たちは集中力を切らさずにアディショナルタイムにカウンターで追加点を奪い2対0で勝利を呼び込んだ。

 キャプテンの鈴木風太君(下曽我小6年)は、「みんなで頑張ったから優勝できた。卒業までの残りの大会、今日のように1回でも多くみんなと試合ができるように頑張ります」と意気込みを語った。曽我監督は「先輩たちがいる千代中の県準優勝が良い刺激となりました。先輩たちの背中を追い努力してきた6年生。『努力は実を結ぶ』を胸に刻み、これからも活躍してほしい」と選手たちにエールを送った。

 なお、準優勝に矢作SC、3位に富水SCが輝いた。

U-8は矢作に栄冠

 小田原市の北ブロック7チームと市内外から5チームを招いて行われた「第35回湘北カップU-8大会」が1月28日、東富水小学校グラウンドで開催された。小学1、2年生の元気な声がピッチに響き、選手たちはボールを追いかけ果敢に相手に挑んだ。

 栄冠を手にしたのは矢作SC。準決勝のくずは台キッカーズ(秦野市)に6対1で勝利すると迎えた決勝、林間SC(大和市)に失点を許さず4対0で優勝を掴んだ。

 「誕生日の仲間に優勝をプレゼントしよう」と気持ちを一つにして挑んだ矢作。副キャプテンの榎本祐己君(矢作小2年)は、「けがで出場できなかったキャプテンの分も、みんなで力を合わせて頑張った。これからも、点を決めて失点0に抑えられるチームをめざし、練習を頑張りたい」と笑顔を輝かせた。石黒和樹コーチは「選手一人ひとりが課題に取り組み、試合で発揮できた。また、仲間を思う気持ちが素晴らしいチーム。これからもこの気持ちを大切に、個人スキルを高め、広いところへ展開していくサッカーをめざしていきたい」と話した。

湘北カップ優勝の矢作SC U-8の選手たち
湘北カップ優勝の矢作SC U-8の選手たち

小田原版のローカルニュース最新6件

オープニングスタッフ募集

10/20面接 助産師、看護師、胚培養士

recruitolc@gmail.com

小田原レディスクリニック

オープニングスタッフ募集 ~助産師、看護師、胚培養士~

応募はメール recruitolc@gmail.com

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自分らしさアートで表現

自分らしさアートで表現

アール・ド・ヴィーヴル展

10月5日~10月18日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク