力走実らず7位 かながわ駅伝

スポーツ

掲載号:2018年2月17日号

  • LINE
  • hatena
区間4位の走りを見せた川口選手
区間4位の走りを見せた川口選手

 第72回市町村対抗「かながわ」駅伝競走大会が2月11日に行われ、小田原市は30チーム中7位だった。

 秦野市カルチャーパークから県立相模湖公園まで7区間51・5Kmで競われた同大会。小田原は1区の山口大輔選手(国府津中)がトップから41秒離されてしまう苦しい展開となったが、後続の辻海里選手(専修大)や女子区間を託された山下萌選手(鶴嶺高)らが挽回。レース終盤には5区・川口賢人選手(日本大)とアンカーの三宅翔太選手(秦野市役所)がそれぞれ区間4位の力走を見せ、必死にスパートをかけるも昨年の5位から2つ順位を下げる7位でゴールテープを切った。

 安池一公監督は「故障を抱えながら出場した選手もいたがみんなが今のベストタイムを出してくれた。昨年より順位を下げたが小田原の走りがしっかりできた。中・高生の若い世代が伸び盛りなので来年は今年より強いチームを作りたい」とレースを振り返った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

酒蔵新設にCF(クラウドファンディング)

結婚する2人に思い出を

結婚する2人に思い出を 社会

6月27日 入籍イベント

6月19日号

尊徳翁の教えを学ぶ

尊徳翁の教えを学ぶ 文化

6月26日 第2回実践報徳塾

6月19日号

箱根町に50万円寄付

箱根町に50万円寄付 社会

国際ソロプチミスト小田原

6月19日号

七夕飾りづくり

七夕飾りづくり 文化

6月24日 ミニイベント

6月19日号

Chocolates from Odawara may save people in Africa

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Chocolates from Odawara may save people in Africa 経済

6月19日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter