旅立ちの春 —私学2校で卒業式—

教育

掲載号:2018年3月10日号

  • LINE
  • hatena
恩師と並ぶ高木さん(中央)
恩師と並ぶ高木さん(中央)

相撲の力に導かれ

高木大貴さん(新名学園旭丘高卒/伊勢ヶ濱部屋)


 「筋トレができるぞ」。同級生に誘われ、何気なく入部した相撲部。入学当時の体重から30kg以上増え、身も心も大きく成長した3年間が、自身のその後を大きく変えた。

 昨年、在学中に伊勢ヶ濱部屋へ入門、初場所で初土俵にあがった「新富士」こと高木大貴さん(2017年度旭丘高卒)。「サッカーも他の運動も1カ月以上、続いたことがなかった。遊び半分と思っていたが、まさか大相撲に入るなんて」と母・晴美さんは振り返る。山城中(平塚)では遅刻は当たり前のわんぱく少年だった。だが、岸田光弘顧問のもとで仲間と共に稽古に励むなか、心境に変化が生まれた。「相撲の力に引っ張られたのだろう(水野浩理事長)」。やるからには真剣に、徹底的に打ち込んだ。

 大学での合同稽古や伊勢ヶ濱部屋との交流などハイレベルな稽古環境に身を置けたことも功を奏した。素人ながら、優れた瞬発力とスピード感を武器に軽量級で県を制すと、着実に力をつけ全国ベスト16入り。高校最後の夏、厳しい夏合宿を経て、十和田大会で結果を残せた自信が、今につながる。伊勢ヶ濱親方から「やってみないか」と声をかけられ、角界入りを決断したのも、この時だ。

 礼節を説き続け、桜富士(矢野雄一郎さん・16年度卒)に続き、愛弟子を再び角界へ送り出す岸田顧問は「最終的に自分で決めた道。これからです」と目を細めた。「立ちあい勝負。相手より速く攻めたい」と堂々と決意を語る姿に、目標すら見えなかった15歳の面影はどこにもない。校名の「新名学園」から一文字をとった四股名のもと「感謝の気持ちで、旭丘の名を背負ってこれから頑張りたい」。

 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

グラウンドに歓声響く

グラウンドに歓声響く スポーツ

2年ぶりのマルクカップ

4月17日号

14人が養成講座を受講

14人が養成講座を受講 文化

小田原ガイド協会

4月17日号

聖火リレートーチを展示

小田原市

聖火リレートーチを展示 スポーツ

市庁舎ロビー 4月26日・27日

4月17日号

大人の塗り絵で入選

大人の塗り絵で入選 文化

デイサービス ふらっと

4月17日号

Students show their appreciation to doctors by messages

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Students show their appreciation to doctors by messages 社会

4月17日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter