小田原版 掲載号:2018年4月7日号
  • googleplus
  • LINE

賑やかな声、再び 根府川に星槎が開校

教育

海を一望する寄宿舎
海を一望する寄宿舎
 星槎小田原キャンパスが4月1日、市内根府川の旧片浦中学校に開校し、地域住民など53人が見学に訪れた。

 星槎国際高等学校小田原学習センターの教室と、運動部の寄宿舎として改修された校舎。旧片浦中の校長を2003年から3年間務めた廣井三枝子さん(70)は、「再び若い人のために使われることになり良かった」と話す。片浦自治会連合会の廣井博直会長(75)は、「生徒たちの気持ちの良いあいさつが印象的。賑やかな声に元気をもらえた。地域の行事にも参加してもらい、盛り上げてもらえたら」と期待を寄せた。

 入寮した男子サッカー専攻の細野遥斗さん(高2)は「景色が素晴らしく過ごしやすい。サッカーの仕事に就けるように頑張りたい」と将来を見据える。同センター長の牧野秀昭さんは「地域の方々と交流をし、お役に立てたら」と話している。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

北条氏の歴史紹介

北条氏の歴史紹介

ウメコでパネル展

4月3日~5月8日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク