小田原版 掲載号:2018年4月7日号
  • googleplus
  • LINE

寄付

文化

澤晴夫支局長(右から2人目)に手渡された
澤晴夫支局長(右から2人目)に手渡された

◆報徳二宮神社

 1月に開催した恒例の行事「有名人慈善絵馬展」の収益金22万3743円を3月22日、毎日新聞東京社会事業団に寄付した。37回目の今年は277作品が出品され、1日〜7日の期間中約2200人が来場した。

◆小田原第一信用組合

 椎野武理事長が3月22日、小田原市社会福祉協議会(小野康夫会長)を訪れ車イス5台を寄贈した。地域奉仕の一環として役職員のポケットマネーで購入しているもので1997年度から継続。椎野理事長は「地域のお役に立つ活動を今後も続けていきたい」と述べた。

◆損害保険ジャパン日本興亜(株)・みずほフィナンシャルグループ・明治安田生命保険相互会社・第一生命保険(株)

 入学時期に合わせ損害保険を扱う4社が3月27日、市教育委員会を通じて市内の新小学1年生約1500人へ交通事故傷害保険付の「黄色いワッペン」を寄贈。栢沼行雄教育長は「皆さんの願いにこたえ、事故ゼロを目指したい」と話した。

◆損害保険代理業協会県西支部

 片山健支部長ら5人が3月20日、市役所を訪問し、乳児用チャイルドシート2台を寄付した。今回で38台目。片山支部長は「子育てに役立ててほしい」と思いを述べた。
 

椎野理事長(右)と小野会長
椎野理事長(右)と小野会長
目録が栢沼教育長(中央)に手渡された
目録が栢沼教育長(中央)に手渡された
チャイルドシートを手渡す片山支部長(左)
チャイルドシートを手渡す片山支部長(左)

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク