小田原版 掲載号:2018年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

ダイバーシティ経営企業表彰 川田製作所が県西初受賞 多様な人材活用が評価

社会

受賞式に臨む俊介副社長(左)と隆志社長
受賞式に臨む俊介副社長(左)と隆志社長
 経済産業省は3月22日、全国21社を「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定した。神奈川県内の企業では中新田の(有)川田製作所(川田隆志社長)が選ばれ、県西地区では歴代初の受賞となった。

 ダイバーシティ経営とは多様な人材が能力を発揮できる機会を提供し、企業の価値創造につなげること。ワーキングマザーの視点を生かした企画立案、外国人留学生が活躍できる基盤構築などがあげられ、経産省ではこうした経営に取り組む企業の裾野を広げようと2012年度に表彰制度を設け、昨年度までに205社を表彰している。

 1969年創業の川田製作所は、主に自動車部品を製造する金属プレス加工会社。市民との関わりが薄い町工場だが、「良い雇用の場をつくることも地域貢献」と考え、川田俊介副社長(47)が就任した2009年以降は障害者・高齢者・外国人の雇用にも積極的に取り組んできた。

 さまざまな人が集まって刺激が生まれ、組織は活性化。その結果、7年間で取引先はほぼ倍増、売上も3・4倍に増大した。こうした実績が評価され、受賞に至った。

互いに好影響

 障害者・高齢者・外国人は計14人で全社員の約7割。障害者が働きやすい環境を整備することが、当然のようにこなしていた仕事を見直す機会となり、業務の効率化にもつながった。俊介副社長は、「障害により辛い経験もしてきたと思うが、だからこそ人が嫌がることをしない」と、彼らの人柄も周囲に好影響を与えていると話す。

 4人の高齢者の最高齢は78歳。経験に基づく技術の高さや知識の豊富さだけでなく、自らを律して働く姿勢は他の模範だ。フィリピンやベトナムから来た外国人は、母国の家族を支えるために稼ごうという意識が高く、残業も率先して引き受けてくれる。それぞれの特徴が合わさることで、よりよい職場環境が築かれているという。

 受賞にあたり俊介副社長は、「小さな会社でも色々なことができることが評価され、すごくうれしい」と感想を話した。

ベトナム人社員を指導する高齢社員
ベトナム人社員を指導する高齢社員

小田原版のトップニュース最新6件

10年目のストライク

寄付額が県2位

ふるさと納税

寄付額が県2位

7月21日号

堅守巧打で県連覇

国立印刷局小田原

堅守巧打で県連覇

7月14日号

きょう海開き

御幸の浜江之浦

きょう海開き

7月14日号

7割で「危険性」

公共施設ブロック塀

7割で「危険性」

7月7日号

世界へ描く放物線

侍JAPAN勝俣翔貴選手

世界へ描く放物線

7月7日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子ども向け実験教室

参加無料

子ども向け実験教室

8月1日 関東学院大学で

8月1日~8月1日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク