小田原版 掲載号:2018年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

始まりは国府津〜湯本の馬車鉄道 登山鉄道130周年

経済

 箱根登山鉄道が10月1日に明治21年の創業から130周年の節目を迎える事を記念し、キャンペーンロゴマークを発表した。「ワクワクをのせて、トコトコと」という同社員考案のキャッチフレーズが添えられ、今後ヘッドマークなどに使われる。登山鉄道は国府津〜箱根湯本を結ぶ「小田原馬車鉄道」として誕生。その後大正8年に湯本〜強羅駅間が開業、昭和25年に小田急の車両が乗り入れを始めた。同社では今月から記念弁当を販売しており、各種記念イベントも企画している。

当時の箱根湯本駅
当時の箱根湯本駅

小田原版のローカルニュース最新6件

100歳以上も過去最多

敬老の日

100歳以上も過去最多

9月15日号

関東2冠で国体へ弾み

相撲

関東2冠で国体へ弾み

9月15日号

被災共有し交流は若い世代へ

グラスキャリコエースに認定

神奈川がんばる企業

グラスキャリコエースに認定

9月15日号

足柄、友愛がV

足柄、友愛がV

9月15日号

15年ぶりの大舞台

高校吹奏楽 東関東コンクール出場校(後編)

15年ぶりの大舞台

9月15日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク