小田原版 掲載号:2018年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

小田原出身須藤さん 草絵の魅力伝える 作品展に多くの来場者

文化

作品の説明をする須藤さん(左)
作品の説明をする須藤さん(左)
 草絵の会主宰・須藤裕絲(ゆうし)さんの作品展がこのほど南町の清閑亭で開催され、多くの人で賑わった。

 草木染めの和紙や古い着物などの布を巧みに組み合わせて描いていく、柔らかな風合いが印象的な「草絵」。

 須藤さんは約50年前、「草絵」の創始者・妣田(ひだ)圭子氏に師事。和紙だけを使っていた当時の手法に、古い着物の端切れを使うなどアレンジを加えた。現在も国内外で開かれる美術展や作品展に出品、精力的に活動を続け、弟子は20人を超える。

 今回の作品展には弟子たちも参加。会場にはしおりなど小さなものから屏風を使って表現されたものまで、大小さまざまな作品が展示され、来場者の目を楽しませた。

 友人と訪れたという市内在住の60代女性は「味わいのある古布を使っているからか、とても優しい作品が多いと感じた」と話した。

 須藤さんは「たくさんの人に来場いただき、ありがたいです。草絵を伝えていくためにも、まだまだ頑張ります」と笑顔で話した。

小田原版のローカルニュース最新6件

100歳以上も過去最多

敬老の日

100歳以上も過去最多

9月15日号

関東2冠で国体へ弾み

相撲

関東2冠で国体へ弾み

9月15日号

被災共有し交流は若い世代へ

グラスキャリコエースに認定

神奈川がんばる企業

グラスキャリコエースに認定

9月15日号

足柄、友愛がV

足柄、友愛がV

9月15日号

15年ぶりの大舞台

高校吹奏楽 東関東コンクール出場校(後編)

15年ぶりの大舞台

9月15日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

オリパラ種目を体験

参加無料

オリパラ種目を体験

17日 小田原アリーナ

9月17日~9月17日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク