小田原版 掲載号:2018年5月5日号
  • LINE
  • はてぶ

中小企業の事業継承を支援 商議所が事業計画発表

経済

計画を説明する鈴木会頭
計画を説明する鈴木会頭
 小田原箱根商工会議所の鈴木悌介会頭は4月27日、定例記者会見を開き新年度の事業計画を発表。中小企業の事業継承支援や、商業活性化に向けた「まちづくり」への取り組みなどを説明した。

 鈴木会頭は冒頭で、品ぞろえを増やしたり店舗数を増やしたりしても売り上げが上がる時代ではないとして「地域経済の循環」の重要性を改めて述べた。

 今年度の活動の柱に据えた会員企業の経営支援では、中小・小規模企業の事業継承の支援に取り組む。同会議所を退会する会員の理由の多くが「廃業」であることを踏まえ、金融機関や税理士等と連携し、後継者育成や後継者不在の事業所と創業希望者とのマッチングを進める。金融機関と実施した廃業事業者への調査結果から「実数の把握は難しいが一定数のニーズはあるはず」と話す。

 もうひとつの柱に据えるのが、商売の環境整備としての「まちづくり」への取り組み。定住人口増加、雇用拡大、交流人口増加の3つの視点から事業を展開する。平成の城下町・宿場町構想の実現に向け観光振興策の検討を進めるほか、イオングループが所有するJT工場跡地(荻窪)に建設が決まっているショッピングセンターの利活用の研究に取り組む。

 老朽化している商工会議所の新会館の整備方針についても計画に盛り込み、「今年度中に建設候補地を決定したい」と言及。候補地選定の条件について「コンパクトシティの考え方からも、中心市街地にあることが望ましい」との考えを示した。

 また、横須賀から湯河原まで14の商工会議所・商工会が参加する「相模湾からの経済活性化会議」の発足を発表。初年度は各地域の取り組み事例のの共有等から始める。

小田原版のトップニュース最新6件

オープニングスタッフ募集

10/20面接 助産師、看護師、胚培養士

recruitolc@gmail.com

小田原レディスクリニック

オープニングスタッフ募集 ~助産師、看護師、胚培養士~

応募はメール recruitolc@gmail.com

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自分らしさアートで表現

自分らしさアートで表現

アール・ド・ヴィーヴル展

10月5日~10月18日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク