小田原版 掲載号:2018年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

循環器内科 医療レポート足柄上病院シリーズ 34 体制強化で救急対応再開 取材協力/県立足柄上病院

足柄上病院 循環器内科部長仲地達哉医師
足柄上病院 循環器内科部長仲地達哉医師
 2018年度最初の医療レポートは主に心臓や血管に関する病気を扱う循環器内科がテーマ。

 足柄上病院はこの4月、神奈川県立循環器呼吸器病センター(横浜市金沢区)の循環器内科から仲地達哉医師を迎え、緊急のカテーテル検査や治療体制を整えた。

 ―救急体制を再開させたとのことですが。

 これまでは医師の体制が一時的に不足してしまい地域の皆様にはご迷惑をおかけしていました。この4月から医師の体制が整い、地域の医療機関からの紹介や24時間体制の救急にも対応できるようになりました。これまでお受けできなかった緊急カテーテルも万全です。

 ――専門病院から赴任されたとのこと。今後の抱負は。

 横浜市大の医局から県立循環器呼吸器病センターを経て4月に着任しました。まずは地域から求められていた紹介や救急対応を万全にし不整脈の根治に向けたアブレーション医療も始めました。

 ――不整脈は自覚することがなかなか分かりづらいところもありますが。

 そうですね。胸がドキドキしたりバクバクしたり、めまいや失神が一般的な症状ですが、今まで経験したことのない感覚の胸痛や冷や汗を伴うときなどはすぐに診察を受けて頂きたいですね。心臓は一度壊れたらもとには戻らないので、日ごろから気を付けて頂きたいと思います。

地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立足柄上病院

神奈川県足柄上郡松田町松田惣領866-1

TEL:0465-83-0351
FAX:0465-82-5377

http://ashigarakami.kanagawa-pho.jp/

小田原版のピックアップ(PR)最新6件

鈴木農園でビアガーデン

南足柄

鈴木農園でビアガーデン

7月21日号

遠くへ行かなくても

新設の専門外来「脳血管内外科」 医療レポート足柄上病院シリーズ 35

遠くへ行かなくても

7月21日号

7月29日はダイナでストリートラグビー

『ブロック塀』の撤去・補強

真鶴で2級船舶免許が取れる

6月オープン

真鶴で2級船舶免許が取れる

7月14日号

「危険な塀」早期改善を

市政報告

「危険な塀」早期改善を

7月14日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子ども向け実験教室

参加無料

子ども向け実験教室

8月1日 関東学院大学で

8月1日~8月1日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク