小田原版 掲載号:2018年5月12日号
  • LINE
  • はてぶ

商議所景況調査 回復基調、一旦ストップ 台風、インフルなど影響

経済

 小田原箱根商工会議所(鈴木悌介会頭)は、管内の景況調査(毎年2月・8月実施)の結果を発表した。第39回調査は2月下旬、会員企業1000社にアンケートを実施。538社(小田原市426社、箱根町112社)から回答があった。

 総合的な景況感を表す業況DIは、前回のマイナス11・2からマイナス20・2となり9・0ポイント悪化。大涌谷火山活動の影響で大きく落ち込んだ15年8月の調査以降、4回連続の回復基調が止まった。

 業種別では、「やや改善」が小売業、その他の業種、「ほぼ横ばい」が製造業、「やや悪化」が建設業、「悪化」が不動産業、「大幅悪化」が卸売業、飲食・観光業、サービス業となっている。

 商議所では要因として、昨年10月の2週連続の台風到来、年末から1月の大寒波、インフルエンザの流行で多くの人が外出を控えたことを挙げる。半年後の業況DI予測は、マイナス10・0(プラス10・2ポイント)で再び回復に転じる見通し。

 管内業況DIは、全国(マイナス13・9)と県(同19・1)を下回り、足柄・西湘地域(同37・3)を上回っている。

小田原版のローカルニュース最新6件

蒼天塾(栢山)の益田さんが優勝

武道空手道選手権大会

蒼天塾(栢山)の益田さんが優勝

10月20日号

科学展 20人の児童生徒を表彰

エイジレス章に香川さん

豪州中高生が日本と県西満喫

秋バラ色濃く咲く

秋バラ色濃く咲く

10月20日号

有毒ガス災害を想定

県西地区消防行政協議会

有毒ガス災害を想定

10月20日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

体験しながら健康を知る

体験しながら健康を知る

28日 国際医福大で公開講座

10月28日~10月28日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク