小田原版 掲載号:2018年5月19日号
  • LINE
  • hatena

ミュージカルしあわせのタネ 小田原バージョン誕生へ 11月にけやきで上演

文化

劇中歌を披露する関係者ら
劇中歌を披露する関係者ら
 農業を主題としたミュージカル『しあわせのタネ』が11月9日(金)に生涯学習センターけやきで上演されることが決まった。これに先立ち、脚本家や出演者などが5月12日、同所でキックオフイベントを開き、劇中歌などを披露した。

 ミュージカルは2014年、野菜がどのように作られているか知ってもらうことを目的に誕生。脚本を映画『メアリと魔女の花』やNHK連続テレビ小説『マッサン』などを手がけた坂口理子さんが担当した。

 地域の農業に関心を持ってもらおうという試みで、これまでに全国7地域で上演されている。特徴は、各地の畑や農家などを坂口さんらスタッフが取材し、「ご当地バージョン」として各地域の特色を盛り込んだ脚本。今回も市内の農家を取材し、作品には特産品や地名などが登場する。

 物語は、主人公・新山誠が婚約者の実家で育てている野菜を食べたことをきっかけに、脱サラするところから始まる。新山の結婚披露宴を舞台に「作物はどうやって生まれるのか」をめぐるコメディーミュージカルだ。

 キックオフイベントには、坂口さんをはじめ主演の大和田悠太さん、加藤憲一市長のほかに、しあわせのタネ小田原実行委員会(和田重宏実行委員長)のメンバーや関係者など75人が出席。坂口さんは「上演地域ごとに物語が変化し、作品が成長する。多くの人に見てもらいたい」と話した。その後、出席者全員で主題歌『はじまりはタネ』を歌った。

 作品に協力している小田原有機の里づくり協議会の石綿敏久副理事長は、「農薬を使わない有機農法の大切さを知ってもらえるきっかけにしてほしい」と話した。

 ミュージカルは11月9日(金)午後2時と6時半の2部制。チケットは全席自由3千円(前売り2500円)。前売り券はハルネ小田原街かど案内所、平井書店、伊勢治書店などで販売している。

小田原版のトップニュース最新6件

一般会計673億円

小田原市予算案

一般会計673億円

2月23日号

救急出動が最多更新

小田原市消防本部

救急出動が最多更新

2月23日号

400年経て宗家が小田原へ

薙刀術

400年経て宗家が小田原へ

2月16日号

街づくりで総務大臣表彰

街かど博物館

街づくりで総務大臣表彰

2月16日号

成長著しい若手に期待

小田原市

成長著しい若手に期待

2月9日号

若年性認知症へ支援強化

1市3町

若年性認知症へ支援強化

2月9日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小田原の未来を考える

小田原の未来を考える

3月6日 報徳流地方創生塾

3月6日~3月6日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク