小田原版 掲載号:2018年6月2日号
  • googleplus
  • LINE

49年ぶり快挙 西湘高 男子ソフトテニス部

スポーツ

中村・志村ペア(中央)
中村・志村ペア(中央)
 西湘高校男子ソフトテニス部(大下真吾監督)から、49年ぶりの関東大会出場が決まった。出場するのは3年の中村友紀・志村陸ペア。2人は4月21日に川崎市の等々力庭球場で行われた予選会でベスト16入りを果たし、関東大会への切符をつかんだ。

 県内155組が出場した予選会。中村・志村ペアは3試合を順調に勝ち進んだが、今大会優勝ペアにストレートで敗れた。

 同部は長年指導者などが不足し、一時部員が2人に落ち込むなど低迷。しかし、近年は部員が増え、現在は20人以上にまで増加した。大下監督は「関東出場は部員同士が切磋琢磨するなかで力をつけていった結果。チームが一丸となってつかんだ勝利」と話す。

 ペアを組んで1年の中村・志村ペアは、関東出場を目標に掲げ、プレーに磨きをかけてきた。互いを「安心感がある」と信頼し合う。

 志村君は「2人で一本を取るテニスを意識したい」。中村君は「冷静さを大切に、自分たちができることをやりきりたい」と気合十分だ。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

外国人へ日本語指導

外国人へ日本語指導

ボランティア養成講座開催

7月1日~7月22日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月16日号

お問い合わせ

外部リンク